大阪

日本
  1. 概略
  2. 経済・産業
  3. エリア
    1. 中心部
      1. 難波(ミナミ)
        1. 道頓堀
        2. 千日前
        3. 法善寺横町
        4. 裏難波
        5. 南難波
        6. 湊町
      2. 心斎橋
        1. アメリカ村
        2. 東心斎橋
        3. 宗右衛門町
      3. 本町(船場)・北浜
        1. 中之島
      4. 堀江
      5. 日本橋
        1. オタロード
        2. 黒門市場
        3. はきはきタウン
      6. 天満橋・大手前
      7. 上本町
      8. 靭公園周辺
      9. 松屋町・空堀
    2. 北部
      1. 梅田
        1. ダイヤモンド地区
        2. お初天神・阪急東通商店街
        3. 茶屋町
        4. 西梅田
        5. うめきた
        6. 北新地
        7. 兎我野町
        8. 中津
        9. 中崎町
      2. 新大阪・西中島
      3. 天満・南森町
      4. 福島
      5. 十三
    3. 南部
      1. 天王寺・阿倍野
        1. 阿倍野
      2. 夕陽丘・四天王寺周辺
      3. 新世界
      4. 飛田
      5. 釜ヶ崎
      6. 今宮
      7. 帝塚山・北畠
      8. 長居公園
      9. 住吉
    4. 東部
      1. 京橋・大阪城公園
        1. OBP・大阪城公園
      2. 鶴橋
        1. 御幸通商店街(コリアンタウン)
      3. 玉造・真田山
      4. 桜ノ宮公園周辺
      5. 鶴見緑地公園周辺
      6. 千林
    5. 西部
      1. 夢洲
      2. 舞洲
      3. 咲洲
      4. 天保山
      5. USJ・桜島周辺
      6. 大正・平尾
      7. 弁天町
      8. 川口・松島
      9. 大阪中央卸売市場周辺
  4. おすすめスポット
    1. 大阪城
    2. 中座くいだおれビル
    3. 法善寺横丁
    4. 大阪城公園
    5. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
    6. 通天閣
    7. 黒門市場
    8. 天満天神繁昌亭
    9. 大阪市中央公会堂
    10. 新世界
    11. ジャンジャン横丁
    12. 天王寺動物園
    13. あべのハルカス
    14. 梅田スカイビル・空中庭園展望台
    15. 道頓堀
    16. なんばグランド花月
    17. 大阪歴史博物館
    18. 四天王寺
    19. ジョー・テラス・オオサカ
    20. 玉造稲荷神社
    21. 心眼寺
    22. 三光神社
    23. 大阪くらしの今昔館
    24. 海遊館
    25. なにわ食いしんぼ横丁
    26. 道頓堀コナモンミュージアム
    27. 大阪天満宮
    28. 水曜日のアリス大阪店
    29. 天満天神MAIDO屋
    30. かねふくめんたいパーク
    31. 大阪たこ焼きミュージアム
    32. 上方浮世絵館
    33. 難波八阪神社
    34. 露 天神社(お初天神)
    35. 中之島バラ園
    36. 大阪ワンダーループ
    37. アクアライナー
    38. 独立行政法人造幣局
    39. 放課後駄菓子バーA-55
    40. 島之内フジマル醸造所
    41. 手ぬぐい専門店「にじゆら」
    42. ナレッジキャピタル
    43. 茶臼山
    44. ミライザ大阪城
    45. 天神橋筋商店街
    46. 国立国際美術館
  5. ご当地グルメ
    1. たこ焼き
      1. 甲賀流 本店
    2. お好み焼き
      1. きじ 本店
    3. 串カツ
      1. 八重勝
    4. ホルモン焼き
      1. 神戸マッスルホルモン
    5. うどんすき
      1. 美々卯 本店
    6. 大阪寿司(箱寿司)
      1. 吉野鯗
    7. はりはり鍋
      1. 鯨料理 徳家
    8. 551の豚まん
      1. 551蓬莱 本店
    9. 自由軒のカレーライス
      1. 自由軒 難波本店
    10. いか焼き
      1. 阪神名物 いか焼き
    11. どて焼き
      1. てんぐ
    12. てっちり
      1. かに福
    13. 関東炊き(関東煮)
      1. たこ梅 本店
    14. かやくご飯
      1. 大黒
    15. 鶴橋の焼き肉
      1. 空 鶴橋本店
    16. かすうどん
    17. 肉吸い
    18. てっさ
  6. 祭り・イベント
    1. 天神祭り
    2. 愛染まつり
    3. 住吉祭
    4. 御堂筋パレード
    5. なにわ淀川花火大会
    6. OSAKA天の川伝説
    7. 大阪・光の饗宴
  7. 本社を置く企業
  8. その他
    1. スポーツ
      1. 相撲
      2. 野球
      3. サッカー
      4. バスケ
    2. 音楽
    3. 美術
    4. ファッション
      1. 大阪コレクション
      2. バッグンナウン
    5. バッグンナウン
      1. 菱屋カレンブロッソ
    6. 菱屋カレンブロッソ 谷町本店
      1. にじゆら
    7. にじゆら 中崎町本店
      1. アランジアロンゾ
    8. アランジアロンゾ南船場本店
    9. 演劇
      1. 歌舞伎
      2. 新喜劇
      3. 落語
      4. その他
    10. 大阪のお土産

概略

ASIAN GATEWAY OSAKA 日本語版 15分

大阪市は、近畿地方および西日本の行政・経済・文化・交通の中心都市であり日本第二の都市である。

 

市域を中心(首位都市)として、大阪都市圏および京阪神大都市圏が形成されている。

 

食い倒れの街としても有名で、数多くの飲食店が軒を連ねるグルメシティである。

 

また数多くの娯楽があることから国内有数のエンターテイメントシティでもある。

 

古代から瀬戸内海・大阪湾に面した当時の国際的な港である住吉津や水の都と称された難波津などのある外交に関連した港湾都市、国内流通の中心として栄えて水の都と称され、古代の首都としての難波宮、難波京などの都城も造営。

 

古代には日本最初の都があったと推定されている。

 

中世には、渡辺津や浄土真宗の本山であった石山本願寺が置かれ、寺内町として商工業が発展。

 

近世初期には、古代から生国魂神社や難波宮が存在した上町台地の先端付近に豊臣秀吉が大坂城を築城し、城下町が整備された。

 

江戸時代には天領となり、江戸をしのぐ経済・交通・金融・商業の中心地として発展。

 

天下の台所と称され、豊かな町人文化を育んだ。

 

大阪商人の中から数多くの豪商を生み出した。

 

市内には無数の堀が張り巡らされ、水の都と呼ぶにふさわしく、商業や物流、金融が活発だった。

 

こうして商都としての文化を育んだ。

 

明治時代に入ると、繊維工業(船場の繊維街なども有名)を中心とした工業都市となり、「東洋のマンチェスター」「煙の都」と称された。

 

1925年に第2次市域拡大を行い、その結果人口は211万人に到達し、1923年の関東大震災で被害を受けた当時の東京市を上回り、面積・人口・工業出荷額において日本一位の都市となった。

 

またこの当時を「大大阪時代」と呼ぶ。

 

都市計画学者である関一が第7代大阪市長を務め、現在におけるメインストリートである御堂筋やその地下に日本初の公営地下鉄である御堂筋線の一部(梅田駅-心斎橋駅)が建設されるなど、現在につながる大阪の基礎を作り上げた。

経済・産業

大阪市の2016年度の市内総生産は約20兆円で、政令指定都市中最大であり、2倍から3倍の人口を擁する北海道や千葉県、兵庫県など1つの道府県の県内総生産を上回る。

 

京阪神大都市圏の圏内総生産は、国内では首都圏に次ぎ、世界的にも上位にある。

 

また市内の従業者数、事業所数、上場企業本社数は共に国内2位。

 

第二次世界大戦後には、重化学工業の比重が高まり、今日も阪神工業地帯の中核を担っている。

 

他方で、卸売業を中心に商業活動も活発で、道修町(薬種)、松屋町(玩具)、本町(繊維)など市内各所に問屋街が発達している。

 

中之島・淀屋橋や北浜界隈の大阪市の伝統的なオフィス街には、金融街が形成されている。

 

また、梅田界隈や大阪ビジネスパーク(OBP)はオフィスビルが林立し、超高層ビル群を形成している。

 

市役所の所在する中之島から難波宮、大阪城にかけては、官公庁や公的機関が数多く立地。

 

問屋街の伝統は、戦後高度成長期から21世紀初頭まで、9大総合商社といわれたうち6社(1974年以前は10大商社のうち7社)が大阪市に本社を置いていた歴史にも反映されている。

 

三井や住友といった財閥の発祥も大阪だとされている。

 

日本の民間研究所が2016年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、世界22位と評価された。

 

また、アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界51位の都市と評価された

 

日本では東京に次いで2位である。

 

イギリスのシンクタンクが発表した2017年の報告書によると、世界15位の金融センターと評価されている。

エリア

 

中心部

 

難波(ミナミ)

大阪の2大繁華街・ミナミの中心街、難波。

 

JRをはじめ南海電鉄や地下鉄御堂筋線、近鉄難波線、阪神なんば線などさまざまな路線が集結し、商店街や飲食店街、問屋街が軒を連ねます。

 

駅前には高島屋やなんばパークス、マルイなどが立ち並び一大ショッピングエリアです。

 

 

周辺には飲食店や娯楽施設が並ぶ道頓堀や、千日前の商店街、がありコテコテの大阪文化を体験できます。

 

また難波エリアには歌舞伎、漫才などの劇場があり、江戸時代にこの地域に芝居小屋があった名残を見ることができます。

 

”大阪らしさ”を感じるなら、訪れてみたいエリアです。

 

このエリアには「大阪松竹座」や「なんばグランド花月」「TOHOシネマズなんば」などの芸能文化を楽しめる施設や、巨大でユニークな看板、安くて美味しいグルメなどがそろっており、伝統と最新が融合した、エンターテイメント溢れる街になっています。

さらにはグリコの看板や巨大なかにの立体看板で有名なかに道楽がある道頓堀、千日前周辺の繁華街が広がっています。

 

歴史的に遊び場、社交場として発展してきた歴史があり、現在も芸能文化やエンターテイメント性が色濃く残る街になっています。

 

道頓堀

大阪ミナミの繁華街のひとつ、道頓堀。

 

道頓堀といえば、「くいだおれ太郎」や大きなグリコの看板、かに道楽の大きな看板などが有名で、テレビなどで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

なんばグランド花月や松竹座など演劇や演芸を鑑賞するのも道頓堀の楽しみ方です。

 

 

大阪の顔としても全国的に有名な「グリコの看板」は、戎橋(えびすばし)のほとりに建つビルの壁面にあります。

 

現在で6代目のグリコ看板の前には、いつも国内外問わず観光客の姿があり、大阪観光には外せない定番スポットです。

 

 

朝11時頃になると、周辺のお店がオープンするので、ゆっくり写真を撮りたい方は朝11時前に行くのがおすすめです。

 

お好み焼きやたこ焼き、串カツ、お寿司など美味しいものが揃っている道頓堀なので食べ歩きや、食べ比べをするのもいいですね。

 

食にこだわる「食い倒れの大阪」を体験してみてはいかがでしょうか。

 

話のネタにもなる大阪の粉もんはぜひ味わっておきたいですね。

 

道頓掘川には遊覧船が運航しています。

 

 

ガイド付き約20分間のミニクルーズでは、グリコの看板前に停泊し写真撮影タイムがあります。

 

安全上、座席を立つことはできませんが、間近で写真が撮れるとあって大好評です♪

 

千日前

千日前は、なんばグランド花月などが立ち並ぶ繁華街で人がにぎわう。

 

大きな商店街になっており、いくつものお店が軒を連ねています。

「天下の台所」と呼ばれた大阪を支えたのが大阪の料理人。

 

彼らが使う料理道具や厨房道具のすべてが揃う商店街がここ、千日前道具屋筋商店街です。

 

明治15年(1882)、古道具屋や雑貨商が集まったのが始まりなのだそう。

 

 

毎年10月9日の「道具の日」には道具屋筋まつりが開催され、いろいろな道具がお手頃価格で手に入ります。

 

たこ焼きの実演販売や食品サンプルづくり体験などを行っている店も。

 

法善寺横町

1637年創建の浄土宗天龍山法善寺は、難波エリアのど真ん中にありながら、静かでなにわ情緒たっぷりなスポットです。

 

「千日前」という名前の由来にもなった法善寺は寛永14年(1637)開山。

 

伽藍は太平洋戦争で焼失してしまいましたが、不動明王と金毘羅さんを奉るお堂だけが残りました。

 

大阪の人々は不動明王に水を打ち、願をかけて「お不動さん」とよび親しんできました。

 

「水掛不動さん」と呼ばれて愛されているご本尊の不動明王像は、全身が苔に覆われてモコモコに……!

 

 

愛されっぷりが一目で伝わってきます。

 

なんでも願いを叶えてくれると言われていますが、病気の人はその部分に水をかけると良くなるだとか。

 

 

参道の「法善寺横丁」にはバーや小料理屋、お好み焼き店などが店を連ね、なかでも「夫婦善哉」は織田作之助の小説『夫婦善哉』に登場する名店。

 

参拝帰りには小説にならって、2つのお椀で出てくるぜんざいを堪能してみては。

 

裏難波

大阪で良い飲み屋を探すなら、避けては通れないのが「裏なんば(裏難波)」。

 

難波駅の東側に位置し、北は千日前から南はなんさん通り、東は黒門市場から西は高島屋あたりまでの界隈を指します。

 

裏なんばには数多くの居酒屋が立ち並んでいますが、居酒屋の他にB級グルメやお寿司が楽しめるお店もあるんですよ。

 

とにかくパンチの効いた若い店主たちの盛り上げる、個性的な店が立ち並び、安くて旨いが当たり前のこのエリアを楽しむには、一晩に数軒をハシゴするのがおすすめ!今やミナミ第一級のホットスポットへ成長しつつある「裏なんば」を体感してください!

 

 

南難波

 

このエリアには高感度なショップが集まる『なんばパークス』や、大阪有数のショッピングモール『なんばCITY』などがある一大商業エリアに立地しています。

ショッピングに最適なエリアです。

少し南に行くと発祥300年を超える歴史を持ち、大阪「なにわの台所」として市民の食を支えてきた日本最大級の規模を誇る民間の地方卸売市場である「大阪木津卸売市場」もあります。

昔から大阪木津卸売市場は、高級料亭からの引き合いが多く、上物品を扱うプロの料理人が仕入れに来る市場として知られていますが、毎月第2土曜日と最終土曜日には、セリ大会などが行われる「木津の朝市」が開催され、多くのお客さんで賑わっています。

 

また、卸売市場の他にも、大型の業務用スーパー、岩盤浴や露天風呂がある温浴施設、市場の新鮮な食材を味わえる飲食店も併設されており、お買い物以外でも楽しむことが出来ます。

 

近くには「Zepp Namba」やエディオンアリーナもあり、イベントの日は多くの人で賑わっています。

 

湊町

湊町と呼ばれるJR難波駅周辺のエリアです。

 

JR難波駅に直結する、西日本最大規模のバスターミナルであり、オフィスやレストラン、ショッピング施設も併設する「OCAT(大阪シティエアターミナル)」があります。

 

 

バスターミナルの2Fからは、関空へのOCATシャトルバスをはじめ、伊丹空港、神戸空港行きのリムジンバスのほか、北は仙台から南は鹿児島まで都市間高速バスが発着している。

 

屋上には、ラベンダーやローズマリーなどのハーブ系の多年草や樹木約200種/10,000株が植えられた本格的な屋上庭園があり、「都会のオアシス」として市民の憩いの場になっている。

 

現在、OCATビル周辺では、既存地下街から直接接続された「OCATウォーク」をはじめ、地区内の主要な道路、広場などが整備されており、完成すればより利便性が高まるはずだ。

 

北には「fm osaka」やライブハウス、カフェなどが入っている複合スペースの湊町リバープレイスがあります。

 

 

JR・地下鉄・私鉄の各なんば駅の近くにあり、ダイヤモンド型をした八角形の外観が目を惹きます。

 

3階にあるカフェでは、テラス席から景色を楽しむことができます。

 

夜になると夜景を楽しむこともでき、お酒がすすむかもしれませんよ。

 

川沿いにはベンチが並んでいるので川を眺めながらゆっくりとするのもいいですね。

 

フリーマーケットやコンサートなど様々なイベントなどが行われているので、行く時にはチェックしてみてくださいね。

 

心斎橋

高級ブランドが軒を連ねる大通りに人ごみで溢れる心斎橋筋商店街、夜の歓楽街である東心斎橋や宗右衛門町などもあり、また若者文化の中心地であるアメリカ村などの魅力的な街が広がる多様な街。

 

御堂筋沿いには高級ブランドのお店が連なり、百貨店なども立地しています。

 

裏通りに入ると平日でも地元の方や観光客で賑わっている心斎橋筋商店街があります。

 

アーケード街になっているので雨の日でも散策できます。

 

休日にもなると買い物をする人でごったがえします。

 

 

580mある商店街には、飲食店やファーストファッションのお店など、約180店舗お店が軒を並べています。

 

アメリカ村

 

三角公園と呼ばれる御津公園を中心に、周囲に若者向けのお店が並んでいるアメリカ村。
アメ村と呼ばれる心斎橋付近一帯の通称です。
飲食店や雑貨店、衣料店などがあり、特に古着屋さんや個性あふれるストリートファッションなど、大阪ならではのインパクトあるお店が多いです。
「西の原宿」や「西の渋谷」などとも呼ばれるほど若者に人気があり、活気にあふれています。
カラフルなかわいい商品が目を惹く、北欧の格安雑貨店もあり、このお店目当てに訪れる方もいます。
ピンボール専門店があり、アメリカの雰囲気を楽しむのもいいですね。
東心斎橋

御堂筋を挟んで西側に広がるアメリカ村がカジュアルな若者の街であるのに対して、この通りの堺筋・御堂筋間を通称「ヨーロッパ通り」または「ヨーロッパ村」と呼ぶ。

 

石畳と街灯が続き、どこかエレガントな雰囲気の、お洒落なおとなの街。

 

ヨーロッパブランドのブティックやギャラリー、カフェやレストランが建ち、行き交う人の姿が絶えない。

 

 

メインストリートのヨーロッパ通りとそこから枝分かれする路地にはいくつもの飲食店がひしめきあっています。

 

 

お洒落なバーでゆっくりお酒を飲むのもいいでしょう。

 

宗右衛門町

ミナミの一大歓楽街。

 

静かな昼間と打って変わり、夜には色鮮やかなネオンが灯り出しお店が開く宗右衛門町は、高級クラブや有名料理屋から、最近ではリーズナブルなお値段で楽しめるお店で賑わっている。

 

大阪といえば食い倒れの町として有名ですが、宗右衛門町はその名にふさわしいほど飲食店がたくさんあります。

 

どのお店も古くからお店を構えているものばかりですので、どこへ入ってもはずれがありません。

串かつ、たこ焼き、てっさやてっちりといった大阪名物が食べたくなったときは宗右衛門町へ急ぎましょう!

 

本町(船場)・北浜

かつて繊維問屋が集積していた船場地区があることから、繊維関連企業が非常に多い点が特徴です。

 

阪神高速道路高架下の船場センタービルには繊維問屋が多く入居します。

 

 

成熟したビジネスエリアである本町駅周辺には、繊維関連以外にも建設業、情報通信関連企業等、多様な業種の立地が見られます。

 

道修町は薬の街として大手製薬会社が立地しています。

 

大阪商人が礎を築いた、この界隈は近代的なオフィス街である一方、大阪の昔ながらの伝統が残る場所でもあります。

 

高層ビルはもちろん、それ以外にも歴史あるレトロな建築のビルや老舗のお店が点在しています。

 

 

大阪が「大大阪」と呼ばれていた大正後期から昭和初期にかけて、このエリアには近代的なビルが次々に建てられました。

 

これら近代建築の多くは、今なお現役で使われ続けています。

 

 

また、そのクラシカルな佇まいに惹かれた個性豊かなレストランやショップ、オフィスが集まり、新たな魅力を発信するビルも増えてきました。

 

 

とくに「三休橋筋」沿いには大大阪時代のレトロ建築や昭和レトロビル、大阪ご当地企業の最先端ビルまで、興味深い歴史スポットが盛りだくさん。

 

 

そんな近代建築の街並みとお店を巡るまち歩きは、船場の人気イベントのひとつです。

 

また、この界隈は美味しい居酒屋さんも点在してるので探してみるのも楽しみの一つですね。

 

北浜には大阪取引所があり北浜一帯は大阪一の金融街となっています。

丼池筋は家具や小間物問屋が集まっていましたが、戦後は繊維問屋街として発展しました。

 

大阪で最初にアーケードが出来ましたが、1933年(昭和8)老朽化により撤廃されました。

 

現在は丼池ストリートとも呼ばれています。

 

中之島

行政・経済・文化施設が集中する、水と緑豊かなエリア・中之島。

 

大阪市役所、日銀大阪支店、政治・経済・文化団体等が立地。

 

 

地図の上では堂島川と土佐堀川に挟まれた、東西約3km、面積約50haの細長い中洲を指すこのエリアには、恵まれた都心の水辺環境を背景に、コンベンション施設をはじめ、国際的な文化施設やオフィス・商業施設が集結している。

 

江戸時代、大阪が「天下の台所」と呼ばれた由縁は、全国各藩の蔵屋敷が集まり米をはじめとするさまざまな物資の売買が行われた、この中之島にあった。

明治に入ってからはさらに図書館や中央公会堂などの文化施設も完成し、商業に加え近代の情報と文化の発信地としての役割も果たした。

 

近年では、大阪大学中之島センターがオープンし、淀屋橋と国際会議所を結ぶ「中之島線」も開業。

 

島の東にはバラ園もあります。

 

 

大阪の中心エリアとしてより一層の機能性を高めている中之島を散策してみるのも楽しいかも知れません。

 

堀江

大阪随一のお洒落エリア。

 

メインストリートはアメリカ村から1本南の筋を入った所にあるオレンジストリート。

 

商店街の入り口の「ORANGE STREET」の大きな看板が目印です。

 

元々は家具の問屋街だったが今はおしゃれなカフェや雑貨店、ファッション、インポート家具店などが建ち並び、見て回るだけでワクワクするお店がずらりと並んでいます。

 

 

高級家具店やリーズナブルなお店、1点ものを扱っているお店も多く、お気に入りが見つかるかもしれませんね。

 

 

ゆっくりとみて歩くと1日では足りないかもしれませんよ。

 

約800m続くオレンジストリートには、お洒落なカフェがたくさんあるので気になるお店で休憩するのもいいですね。

 

日本橋

西日本一の電気街、でんでんタウンが広がる日本橋エリア。

 

日本橋電気街は、無線ショップや電気部品、キット類などを扱う店が多く集まっているアマチュア無線家にも馴染みのあるエリアだ。

 

堺筋の西側にはオタクの聖地・オタロードがあり、堺筋の東側には大阪の台所である黒門市場が広がる。

 

黒門市場の向こうには履物の問屋街である「はきはきタウン」がある。

 

オタロード

ゲーム・アニメ・マンガ・自作PC・コスプレカフェなどサブカル系のショップが乱立する大阪の秋葉原といえるオタク街だ。

 

休日はもちろん、平日でも多くの人で賑わう「日本橋オタロード」。

 

“西の秋葉原”とも言われ、スーツケースを持ったまま訪れる外国人の姿をあちこちで見かけるほど、アニメ好き外国人にも人気のエリアです。

 

 

「日本橋オタロード」は「でんでんタウン」として知られる日本橋商店街(堺筋)の西側に隣接する日本橋筋西商店街で、同人誌やゲーム、フィギュアのお店が次々と出店したことからオタロードと呼ばれるようになり、関西のオタクの聖地として有名になりました。

 

黒門市場

大阪市中央区の日本橋にある黒門市場。

 

大阪の台所とも言われるように、野菜や魚介類、肉類やお菓子、その他食材が豊富に揃っています。

 

旬のものを安くて手に入れることができ、地元の方や飲食業の方が仕入れに来るほどです。

 

飲食店や衣料品店などもあり、散策を楽しめる場所です。

 

 

この黒門市場では食べ歩きをするのがオススメですよ。

 

新鮮なネタがのっているお寿司や高級和牛ステーキ、フレッシュジュースや新鮮な魚介類など「ほんまもん」を味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

近年では外国人観光客が急増しています。

 

日曜日が定休日のお店が多いのでチェックしてから黒門市場へ行ってくださいね。

 

はきはきタウン

履物問屋街で全長400mの通りに、サンダル、草履などの履物類のほかに、バッグや傘といった小物類なども扱う店舗約100店が集まっている(一般客が購入できる店もある)。

 

下町情緒あふれるこの界隈は「はきはきタウン」として親しまれ、浅草の花川戸と並び全国に知られている。

 

天満橋・大手前

大阪のオフィス街、官庁街が広がるエリア。

 

天満橋エリアの中心的なランドマークである、天満橋駅(天満橋京町)。

 

同建物内には家電量販店や総合雑貨、100均ショップを備えた「KEIHAN CITY MALL」があり、駅改札からすぐに入店することができます。

 

青空を反射するその外装が印象的な「OMM(オオサカマーチャンダイズマート)ビル」は大規模展示に会議、テナント物件にと、ビジネス向けのあらゆる利用が可能となっています。

 

 

「難波橋(ライオン橋)」「天神橋」とならぶ「浪華三大橋」のひとつ、「天満橋」。

 

十返舎一九の『東海道中膝栗毛』にもこの周辺の風景が登場したことで知られています。

 

他の橋同様、夜になるとライトアップが施され、ガラス加工発祥の地天満のシンボル的存在である天満切子模様を映し出します。

 

天満橋京町の「八軒家浜船着場」は、かつてこの地に存在した八軒の宿場にちなんで名づけられたとされています。

 

かつて多くの人が船を主な交通手段としていた時代、この場所にあった船着場は今の関西空港やJR大阪駅のような「玄関口」的な存在でした。

現在、そんな八軒家浜の復活プロジェクトによって水上バス「アクアライナー」の発着場として再整備され、かつての賑わいを取り戻しています。

 

この界隈は官公庁が近い為か士業の事務所もたくさん見られます。

 

その大手前には官庁街が広がり「大阪府庁舎」は、咲州にある「さきしまコスモタワー」が名所としてよく知られていますが、この大阪府庁舎本館も、大正時代に竣工された歴史的価値の高い建築物として根強い人気を誇っています。

 

 

「大阪歴史博物館」には地下には本物の「難波長柄豊碕宮(なにわながらとよさきのみや)」の遺跡が存在しており、その一部を見学することができるようになっています。

その他、古代から現代までの大阪の歩みに関する展示も豊富に取り揃えられており、ファミリーでも一人でも楽しめる場所です。

 

上本町

「大阪といえば、低地ばかり」と考えていませんか。

 

標高が10メートルから30メートルとはいえ市内でほぼ唯一の高台が上町台地で、その中心部にあるのが上本町です。

 

水はけがよく地盤が安定していることから古代から人が住んでいたエリアで、今でも高級住宅地になっています。

 

上本町は南北2キロ、東西1キロほどの比較的狭い範囲でしかないにもかかわらず、文教地区・高級住宅街・繁華街といったたくさんの要素を持っています。

 

近鉄百貨店上本町店や、その南隣りにある複合商業施設上本町YUFURAは2010(平成22)年にオープンしました。

百貨店とは3つの連絡通路で直結されています。

 

地下1階から5階までに約40店のテナントショップ、7階から13階にはオフィスが入居しています。

 

また、6階には大阪新歌舞伎座が難波から移転してきました。

 

その他にも、このエリアにはうえほんまちハイハイタウンや商店街もあります。

 

上本町エリアは西日本一、進学塾が密集するエリアで塾銀座と呼ばれている。

 

またエリア周辺には有名進学校も数多くある文教地区でもある。

 

人気の住宅地でもあり、近年はタワーマンションが林立する街並みへと変貌した。

 

靭公園周辺

大阪のオフィス街である、靱本町に広がる公園。

 

総面積約9.7ha、東西約800m、南北約150mの細長い形をしており、中央を南北に通るなにわ筋によって「東園」と「西園」に分けられている。

 

「東園」には、市内で最も歴史のあるバラ園や、10面のテニスコートを備えた靱庭球場、四季に彩られるケヤキ並木などがあり、「西園」には、16面のテニスコートを有し、国際大会にも使用されている靱テニスセンターがある。

 

 

秀吉の時代、付近一帯は雑喉場(ざこば)魚市場および塩干魚問屋街として栄え、町で魚商人たちが「やすい、やすい」と威勢のよい掛け声で魚を売っていたのを聞き、秀吉は「やす(矢巣)とは靱(矢を入れる道具)のことじゃ」と言ったことから、その言葉にあやかって「靱」という町名がつけられたとか。

 

公園の北側の「京町堀」には、おしゃれなカフェや雑貨店も多い。

可愛いカフェに行きたいけど行列や人ごみが苦手という方必見。

 

今京町堀エリアにはSNS映え間違いなしのフォトジェニックカフェがあります。

 

話題のオープンしたばかりのお店から、隠れ家的の人気のお店まで、今すぐ行きたくなるようなカフェが多くあります。

 

中央区船場が絹繊維の問屋街で知られているのに対し、この西船場、とくに立売堀といったエリアは金属や機械に関連した企業が多い場所となっています。

 

また阿波座には、せともの町問屋街といった陶器の問屋街があります。

 

松屋町・空堀

松屋町は人形・おもちゃ・駄菓子・花火などの問屋が集まる、問屋街!

 

玩具や人形以外にも、この松屋町にはさまざまな問屋があります。

 

何かを買うというわけでなくとも、この商店街を歩くだけでも楽しめるのではないでしょうか。

 

交差点南北に広がる「松屋町筋」に地域の人も利用する「空掘商店街」、路地を抜けた先には知る人ぞ知る、ディープな隠れスポットもたくさんある魅力溢れる街です。

 

空堀商店街は東西南北800mに及ぶアーケード街で街には老舗から最新のお店まで軒を連ね、地域の人々も利用するエリアです。

 

路地裏には個性的なお店が点在し、散策する楽しさがあり、穴場スポットや面白アイテムを発見したときの喜びが大きい楽しいエリアです。

 

路地を入ると長屋を改装したカフェやレストラン、セレクトショップが軒を連ねるエリアもあります。

レクレールレクレールレクレールレクレールレクレール

長屋の中には築100年を越すものもあり、今と昔が溶け合う風情のある景色を楽しむことができます。

 

北部

 

梅田

大阪駅周辺の梅田地区を中心とした大阪一の繁華街です。

 

鉄道の交通網などが発達していている一方で、ファッションやアートなど常に最新のトレンドを生み出している街として知られています。

 

2013年にオープンした「グランフロント大阪」は、大阪駅近くの商業ビルです。

 

266店舗が並び、自然もある空間の中でゆっくりと買い物を楽しむことができます。

 

キタエリアにはその他にも、大阪ステーションシティなどのショッピングビルなどもあります。

 

大阪の顔ともいえる代表的な観光スポット、梅田。

 

JRや、阪神・阪急電車、Osaka Metroなど主要な路線が集まり、各都市へのアクセスも抜群なので、いつも観光客や買い物客、ビジネスマンなどで賑わいをみせています。

 

巨大ショッピングモールのほか、大阪の夜景が見下ろせるスポットや、多様なグルメが楽しめる商店街、歴史ある神社など梅田の魅力がたくさん!

 

西日本最大級の繁華街である梅田にはさまざまな百貨店やショッピングモール、オフィスビルが立ち並び、地下街にもたくさんのお店があります。

 

「エキマルシェ大阪」「阪急三番街」「Whityうめだ」にも多彩な店舗があり、エキマルシェ大阪ならライフスタイルショップ、阪急三番街ならファッション、Whityうめだならお土産が充実しています。

「阪急百貨店」「阪神百貨店」「大丸梅田」「ルクア」「ルクア 1100(イーレ)」「グランフロント大阪」「HEP5」などショッピング施設も充実。

 

大阪の最新トレンドを手に入れるなら、このエリアに行ってみましょう。

 

ダイヤモンド地区

大阪駅南側のエリアは、ダイヤモンド地区と呼ばれており、高層ビルや大型オフィスビルが立ち並んでいます。

 

大阪駅前第一ビルと第二ビルはかつては大阪の梅田エリアで最も栄えたところでした。

 

大阪駅前再開発で開発局によって駅前第一ビルから第四ビルまでが開発されました。

 

大阪駅前第一ビルは大阪中央郵便局が入っており、夜や休日でも様々な郵便物を受け付けています。

 

また、大阪駅前第二ビルは、チケットショップが立ち並び、安いチケットを求めて多くの人でにぎわっています。

 

このあたりは、小さなお店がたくさん立ち並び、ワンコインなどのリーズナブルなランチが展開されていて、サラリーマンに人気のエリアでもあります。

 

古くからあるこの辺りの商店には、中古レコードショップや古書店などもあり、時代を感じさせる面白いお店も見ることができます。

 

屋上ではビアガーデンがあり夏の風物詩である。

 

また梅田のシンボルでもある丸ビルがあるのもこの地区。

 

お初天神・阪急東通商店街

梅田の東側エリアに位置する「お初天神」「東通り」の界隈は、たくさんの飲食店が立ち並ぶグルメスポットとして地元大阪人のみならず観光客にも人気。

 

「曽根崎お初天神通り商店街」や「お初天神裏参道」は、多くの飲食店が集まる有名なグルメエリアなんです。

 

大小約100店舗のお店が軒を並べ、お初天神への参拝客以外に、梅田界隈で働くビジネスマンやOLの食事処として昼夜賑わっています。

 

お初天神裏参道は、お初天神商店街の脇道に2015年3月にオープンしたバルストリート。

 

まるで縁日のように12店舗がギュッとひしめいていて、全店舗が深夜まで営業。

 

フレンチ、もつ鍋、串焼にお寿司、バーなど、全てが違ったジャンルのお店なのでハシゴ酒にはもってこいです。

 

ちなみに、近松門左衛門の曽根崎心中ゆかりの地として有名な「お初天神」。

 

通称お初天神の名で知られる露天(つゆてん)神社。曽根崎心中のヒロインの名前がお初だったことから『お初天神』と呼ばれるようになったそう。

 

縁結びのパワースポットなので、ぜひお参りもしておきたいですね!

 

「東通り」と称される阪急東通商店街は、阪急の東側に展開する戦後からの古い地元の商店街で、レストランやバーなどの飲食店を中心に、スナック、カラオケ、ゲームセンターなど、夜遊びにはこと欠かないスポットが立ち並びます。

 

 

時代を先取りした店舗の出店が多く、賑わいが途絶えることがありません。

 

先に紹介したお初天神商店街、阪急東中通商店街も交差する、梅田の一大歓楽街です。

 

 

茶屋町

飲食・アミューズメント・雑貨・ファッションなどの店舗が多く並ぶ、大阪・梅田随一の若者の街・茶屋町界隈。

 

以前からある生活雑貨専門デパート「梅田ロフト」や、ミュージカル劇場「梅田芸術劇場」、毎日放送などの高層ビルは、ほとんどが総合設計制度を採用して公開空地を設けており、それが美しい景観をつくり出している。

近年では高架下のおしゃれなレストランやカフェにつづいて、2005年には「NU CHAYAMACHI」なども相次いで開業、若者文化の発信基地になっている。

2019年には新たなグルメスポットである「茶屋町あるこ」が開業した。

 

 

「梅田芸術劇場」はNU茶屋町から歩いてすぐそば。

 

阪急、阪神、そして宝塚によって運営されているこの劇場は、茶屋町のみならず梅田全体の文化発信地。

 

宝塚のトップスターや人気俳優の最新公演を楽しめるだけではなく、内部は「阪急ホテルインターナショナル」などのさまざまな施設が併設されており、あらゆる目的に利用することができます。

 

その目立つ外観から、待ち合わせ場所としても人気が高いです。

 

梅田芸術劇場のすぐ隣にあるのは「MBS(毎日放送)」の本社ビルがあり併設されている広場「ちゃやまちプラザ」では、さまざまなイベントが開催されています。

 

西梅田

近年の再開発により近代的なビル群が林立し、高級ホテルや複合施設が立ち並ぶエリア。

 

ハービスOSAKAはブティックやレストランなどが入る「ハービスPLAZA」やホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」などで構成された複合施設で、食事やショッピングが楽しめる。

「ヒルトンプラザ・イースト/ウエスト」には地下2階・地上8階からなる2棟のビルでルイ・ヴィトンなど世界の有名ブランドショップのほか、レストラン、雑貨、貸し会議室などが並ぶ。

また、イースト1階では、ミニコンサートや有名人によるトークショーなどが度々開かれており、音楽を聴きながら冷暖房も完備したおしゃれな空間には、待ち合わせをする人がいっぱいだ。

 

オフィス、劇場ホール、商業施設という多彩な都市機能を備えたブリーゼタワーもある。

西梅田は大人が楽しめる街だ。

 

うめきた

再開発により新たに変貌を遂げたエリア。

 

JR大阪駅の北側に、4つのタワーがそびえたつ新しいまち「グランフロント大阪」。

 

水と緑あふれる自然の中で、おさんぽ気分でショッピングが楽しめる約260店舗の「ショップ&レストラン」をはじめ、知る・遊ぶ・学ぶ・輝く知的エンターテインメント空間「ナレッジキャピタル」、世界最高水準のサービスを提供する「インターコンチネンタルホテル大阪」等で構成されている。

 

歩いて、立ち止まって、眺めて、また歩いて。

 

大都会の真ん中で、豊かな自然を深呼吸しながら、おさんぽをお楽しみください。

 

大阪駅の北側とグランフロントのあいだに広がる「うめきた広場」には、噴水やベンチがあったりで憩いの場として大勢の人が過ごされています。

 

ここでは色んなイベントが開かれていたり、冬場にはスケートリンクも登場するのでお馴染みですね!

 

1階、地下1階にはオシャレなお店も広がり、ランチだけではなくモーニングメニューが用意されたオシャレなカフェがたくさんあるんですよ。

 

そして、これから開発をすすめる「うめきた2期」地区は、開発事業者に決まった三菱地所などの企業連合が計画を発表した。

中央の都市公園を囲むビルにも植栽などをふんだんに採り入れ、17ヘクタールの開発区域のうち8ヘクタールを緑地が占める。

 

24年の完成をめざす2期では、敷地を東西に貫く道路をはさむように緑豊かな都市公園を配置。

 

道路沿いにはカフェやショップを置く。

 

公園の外側には、ホテルやオフィス、分譲住宅などのビルを建設する。

 

新しい産業を生み出したり、企業が商品を開発したりする「イノベーション(技術革新)」の拠点づくりも目指す。

 

北新地

バー、クラブ、スナック、小料理屋、和洋割烹などの飲食店約3000店舗が集まる、梅田の高級歓楽街。

 

北は国道2号線、南は堂島川、東は御堂筋、そして西は四ツ橋に囲まれた、東西約500m/南北約250mの長方形の地域。

 

西日本を代表する高級飲食店街である北新地。

 

高級クラブ・ラウンジ・料亭などが多く立ち並ぶ立地で、華やかなイメージが強いですが、オフィス街も近いため、接待で使われることもしばしば。

夕方開店して翌朝まで深夜営業する店舗が多く、大阪で最も深夜ににぎわう場所でもあります。

 

他のエリアと比べれば客単価は高めですが、バーで4000~5000円、レストランで4000~15000円程度の店が多く、「超高級」というほどではないようです。

 

実は北新地で高級な接待の舞台となっている「ラウンジ」「クラブ」などでは相当高額なお店も多数ありますが、飲食店は接待族だけでなく一般のお客も対象にしているため、他のエリアとさほどかけ離れた価格設定にはなっていません。

 

北新地のお客の平均的な年齢層は高めですが、「北新地にはおいしい店が多い」という信頼感は若い世代にも共有されていて、デートや会食など、ちょっと贅沢をするときに利用されています。

 

 

最近では子ども連れOKの店も少し増えてきました。

 

また、「夜は1万円以上の高級店だがランチは800円で出している」という店も当然ながら人気を集めています。

 

兎我野町

関西屈指の風俗街です。

 

デリヘル、ソープ、ホテヘル、箱ヘル、エステ、オナクラ…などがひしめきあっています。

 

店舗型のヘルスや受付型のホテヘル、派遣型のデリヘルなども人気を博しており、激戦区ならではのレベルの高さに驚きます。

 

大人の男性なら大阪の夜はこの街で遊んでみてはいかがでしょうか。

 

間違ってもお子様と一緒に来てはダメな街ですよ。

 

中津

北区において、梅田から一駅という好立地であるにも関わらず、落ち着いた空間として注目されはじめているのが、阪急中津エリアです。

 

まだまだ「穴場」的なこの場所ではひそかに住宅地として人気があり近年タワーマンション建設ラッシュが起きています。

 

 

また周辺は梅田から拡大した繁華街が広がっており、ホテルや飲食店が点在しています。

 

隠れ家的なバーや居酒屋も多く、知る人ぞ知る穴場スポットです。

 

 

うめきた2期の開発で今後注目されそうな場所です。

 

中崎町

中崎町周辺は、昔ながらの雰囲気が残りつつも、個性豊かなショップやカフェが点在するエリア。

 

クリエイターが集まって独自の文化が形成され、隠れ家的なお店がたくさん見つかります。

 

 

梅田からほど近いこの場所は、ぶらり散歩が面白いんです!

 

さて、この中崎町の散策ですが、歩きはじめる前に1つ注意点があります。

 

それは、このエリアは午後から活気が出始めるということ。

 

 

気合を入れて午前中から来てしまうと、カフェなどは“準備中”の看板がかかっている場合があります。

 

レトロな雰囲気が残る町並みには、興味深いものがいろいろと見つかります。

 

 

おいしいランチを堪能した後は、再び散策してみましょう!

 

中崎町は13時過ぎた頃から人が増え、町全体に活気が出てきます。

 

思わず足を止めてしまうのが『green pepe』というお店。

 

こちらでは1970年代の商品を中心に取り扱っており、レトロポップな国産品の家具、キッチン用品、古着、雑貨などが揃っています。

 

「めっちゃかわいかったぁ」と笑顔で話す女性の声が聞こえてきます。

 

女性達が出てきたのは『動物雑貨ONLY PLANET』というお店。

 

ここは、テレビや雑誌などで紹介されている人気の雑貨店です。

 

多くのクリエイターが集まる中崎町では、ギャラリーも点在。

 

その中でも特に注目されているのが『Gallery IYN』です。

 

ここは、SNSで人気の作家さんの作品が多く集まる場所です。

 

中崎町の散策で絶対に外せないのが、やっぱりカフェ巡り!

 

少し歩くと、お洒落で雰囲気のよいカフェが次から次にへと見つかります。

 

 

新大阪・西中島

大阪の玄関口、新大阪。

 

新幹線の駅があり在来線も集まっているので大きなターミナル駅になっています。

 

新大阪周辺は大阪に支社・支店を置く企業が集積する一大オフィス街です。

 

 

ショッピング施設はあまりないのですが新大阪駅在来線改札内には、おみやげ探しや食事に便利「エキマルシェ新大阪」があります。

 

また新大阪にはスタイリッシュな雰囲気が人気、高層階から都会の夜景が望める「天然温泉 ひなたの湯」もあり34階の高層ビルにはホテル・劇場など入っています。

 

2020年1月18日には、新大阪エリアにて最高層のホテル『ホテルWBF新大阪スカイタワー』がOPENいたしました!

大阪の都心を一望できる地上約100mのルーフトップバーに32階で楽しめる和洋60種類のイタリアングリルブッフェがります。
大阪の夜景が眺めるレストラン「La Stella」などなどの楽しみがたくさん!
オフィスやホテルが多い新大阪ですが、少し南に下り西中島界隈に来ると居酒屋やバーなどがあります。
このエリアには絶品グルメをリーズナブルな価格で楽しめるお店があるんです。
新大阪周辺で夜の楽しみに最適です。
また淀川にいくとバーベキュー場もあり淀川河川敷公園ではゆっくりした時間を過ごせます。

天満・南森町

大阪天満宮のお膝元であるこのエリア。

 

天満宮は「てんまのてんじんさん」との呼び名で親しまれています。

 

毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りとして大阪の夜を彩る。

 

天満天神繁昌亭は大阪天満宮のすぐ隣にある、上方落語の寄席です。

入口には当日の出演者の名前が貼り出されていて、若手からベテランまでいろいろな方が出演しているのがわかります。

 

特に落語に興味がなくても天満宮や天神橋筋商店街がすぐ近くなので、合わせて立ち寄ると良いと思います。

 

大阪市北区に位置する南森町から天満駅、扇町駅周辺や天神橋筋六丁目駅までの天満エリアは、発達した商店街を中心に、地域住民から観光客まで幅広い層が利用する繁華街です。

 

このエリアの一番の特徴は、日本一長いアーケードとして有名な天神橋筋商店街です。

南北2.6 kmに渡り、数十年続く名物店から新店まで、約600の店舗が軒を連ねています。

 

天神橋一丁目から天神橋六丁目まででアーケードは途切れますが、天神橋七丁目も商店街の一部です。

 

衣料品店やレジャー施設、ドラッグストアなどさまざまな業態が出店しており、その長さのため、天神橋筋六丁目駅寄りと南森町駅寄り、また丁ごとによっても客層が異なります。

 

天満駅周辺は、この天神橋筋商店街と駅北側の天満市場との間に店舗が密集していますが、なかでも安価な飲食店や居酒屋の激戦区として知られており、大阪駅からは一駅、梅田エリアからもほど近いアクセスも手伝って、会社帰りのビジネスマンも多く訪れます。

 

隣接するJR天満駅周辺は、“安くて・旨くて・おもろい”グルメな店が密集する、大阪で最も熱いエリアの一つ。

中でも、商店街の西側にある“裏天満”と呼ばれるエリアは、人気店や新店が集中し、感度の高いグルメな人々が夜な夜なハシゴ酒を楽しむ。

 

 

そこで、屋台感覚で使える安くて旨い行列店が並び、「ビニシー通り」(ビニールシートの略)の異名を持つ。

 

天神橋筋を渡ると扇町公園もあり関西テレビ本社もすぐ近く。

 

 

天満・南森町エリア一帯は天神祭りのときは歩けないほどの人が集まります。

 

福島

数々の実力派の飲食店が密集している福島エリア。

 

地元大阪の食通が通う名店ぞろい。

 

大きなビルと小さなお洒落飲食店が目立つ大阪「福島エリア」には、おすすめのグルメスポットが密集しています。

 

 

福島と言えば、今や大阪を代表する人気グルメエリアです。

 

ミシュラン星付きの高級店から、生マグロ、サーモン、イワシなどかなり尖った専門店までそろう。

 

高架下のお店も絶品グルメを提供してくれます。

 

さらに路地裏には隠れた名店がずらりと並び、大阪の食通たちをうならせています。

 

 

美術品のような料理や味わい深い絶品料理が有名な福島エリアでぜひ食事してみてはいかがでしょうか。

 

駅の北側に行くと占いで有名な「福島聖天通商店街」、通称「売れても占い商店街」があります。

今話題の“占い”スポットです。

 

通りの両側にもたくさん“のぼり”が立ち、各店の看板には、占いキャラクター「うらら」ちゃんも登場しています。

 

占いは商店街の中で毎日行われるほか、毎週金曜に「売れても占い金曜館」として4館を常設オープン、さらに毎月第4金曜は「売れて売れても占いデー」として、通り沿いに20~30名の占い師がズラリと並ぶのだそうです。

 

十三

大阪のディープなスポットとして知られる十三。

 

その手の街としては新世界がよく知られていますが、大阪人からすれば十三もなかなかディープな繁華街です。

 

庶民的な繁華街で数多くの商店街が連なっている。

 

 

特に十三駅西南側の栄町エリアには飲食店、パチンコ店、キャバレー、ピンクサロン、ラブホテルなどが密集している。

 

 

なお、飲食店の中には、ねぎ焼きの「やまもと」や「がんこ寿司」など関西で知られた店もあり、必ずしも風俗目当てに来る人ばかりではない。

 

大阪でも数少ないミニシアターの一つ、「第七藝術劇場」も栄町エリアにある。

 

また、ライブハウス・十三ファンダンゴはウルフルズがインディーズ時代によく活動していたことで有名である。

 

また、十三駅周辺では稀に若者ミュージシャンが街頭ライブを行っている光景が見られる。

 

路地裏にはぎっしりと飲み屋が連なり十三らしさが感じられる。

 

ションベン横丁は十三を代表するエリアだ。

 

 

大阪のディープな夜を満喫したいなら十三で過ごしてみるのも面白いかも知れません。

 

南部

 

天王寺・阿倍野

あべのハルカスと言ったランドマークタワーを初め、動物園や美術館、寺社などの観光スポットもある大阪第三の繁華街。

 

芝生公園で日常とは違うのんびりとした時間を過ごすことができる「てんしば」や、食い倒れの街大阪を代表する新世界、大阪のシンボル通天閣もすぐ近く。

 

 

最新のライフスタイルを提案する「あべのハルカス」や「あべのキューズモール」などが立ち並ぶ一方、茶臼山や慶沢園のように古代から近代に至るまでの歴史的名所も数多く存在します。

このエリアは、天王寺駅周辺だと日本一高いビル(平成28年現在)の展望台「ハルカス300」(有料)が目玉のスポットとなりそうです。

 

百貨店とショッピングモールも近くに集まっているので ショッピングにグルメも楽しめそうです。

 

裏路地を一本入るとディープなエリアが広がっています。

 

 

天王寺動物園も見所がいっぱい。

約11haの園内に、ライオン・チンパンジーなどをはじめ、人気者のコアラや天王寺動物園でしか見ることのできないニュージーランドの国鳥・キーウィや、真っ黒顔が特徴的なドリルなど、200種1000点の動物が飼育されている。

 

同園では現在、動物の生息地の環境を可能な限り再現し、そこに暮らす動物の様子を紹介する「生態的展示」の実施を進めている最中。

 

 

遊び、憩い、味わうことができるこの天王寺界隈は、街全体がテーマパークであるかのように見所がいっぱいです。

 

阿倍野

阿倍野にはバラエティ豊かなショッピングスポットがいくつもあります。

 

大阪のランドマーク「あべのハルカス」の核店舗はモノ・コト・ヒトが出会う「街のようなビル」。

 

ファッション、暮らしの品々、レストランなど様々なシーンに上質なスタイルを提案し、エリアの魅力を向上させる百貨店です。

あべのキューズモールは人気アパレルショップや有名飲食店、家電量販店など約250店舗からなる大阪府下最大級のモール型ショッピングセンター。

 

ゲームセンターやライブホールなど、バラエティ豊かな楽しさも充実しています。

 

 

天王寺MIOはJR「天王寺」駅直結のショッピングセンター。

 

2018年3月に過去最大級のリニューアルを行い、本館・プラザ館の約370ショップの内、 新規オープン・リニューアルオープン合わせて約80のショップが生まれ変わりました。

Hoopは近鉄「大阪阿部野橋」駅南側に位置するファッションビル。

 

「ファッション・スポーツ・アクティブライフ・フードが複合されたトレンド情報発信館」をコンセプトに掲げ、トレンドアイテムが揃うセレクトショップや人気の高いカルチャーショップを中心にした空間は、多くの人々で賑わいます。

andはあべのエリアの普段の買い物に寄り添う「都市生活素材館」として高感度なアイテムが揃うファッションビル。

 

あべのハルカス近鉄本店・Hoopとの回遊性が高く、買い物のしやすさも魅力です。

 

夕陽丘・四天王寺周辺

 

 

四天王寺を中心に数多くの寺社が存在するエリア。

 

四天王寺とは大阪市天王寺区にある、聖徳太子が建立したとされる日本仏法最初の官寺のこと。

 

「してんのおじさん」「よんてんさん」の愛称で親しまれる、宗派にこだわらない仏教の総本山だ。

そして和宗(全仏教)総本山「四天王寺」さんの参道周辺エリアも、この寺の名にあやかって同じ名前「四天王寺」と呼ばれている。

 

周辺は風情豊かな門前町。

 

駅からなだらかに続く参道には仏壇、仏具、仏像、仏花、線香蝋燭、装束、お供え菓子、製茶、仏教美術、占術、漢方薬、漬物、墓を造る石材屋さんなどなど、派手さ皆無な店舗がこれでもかと立ち並び、おごそかな雰囲気を漂わせている。

 

 

周辺は文教地区で大阪屈指の高級住宅地でもある。

 

 

エリア周辺には有名進学高校が多くあり、西日本一地価が高い高級住宅地である真法院町などがある。

 

エリアにある真言坂(しんごんざか)、源聖寺坂(げんしょうじざか)、口縄坂(くちなわざか)、愛染坂(あいぜんざか)、清水坂、天神坂、逢坂(おうさか)の7つの坂道を称して「天王寺七坂」と呼ぶ。

 

石畳でできた風情のある坂ばかりで、それぞれに歴史がありそこから眺める景観も美しい。

 

上町台地にできた夕陽丘は、その名の通り夕日の絶景スポットだ。

 

 

その上町台地周辺に寺院を集める寺町街区がある。

 

一帯は咲き競う「寺社文化」の趣が感じとれる。

 

江戸時代、寺町界隈に点在した185の寺院は現在、60ほどに減っている。

 

大阪の寺社を観光するなら夕陽丘・四天王寺エリアをおすすめする。

 

新世界

通天閣の位置する新世界は、買い物や食事に最適なエリア。

 

ド派手な看板など大阪の昔ながらの風景は残っています。

 

レトロな大阪を感じたいなら、ぜひ足を運んでみたいエリアです。

 

コテコテの大阪を満喫できるスポットといえば、新世界!

 

通天閣のビリケンさんをはじめ、レトロな雰囲気いっぱいの商店街や賑やかな街並みは、「これぞ大阪!」という気分にさせてくれます。

 

通天閣にジャンジャン横丁、大きなフグ提灯の看板などで有名な大阪市南部の下町。

 

 

ジャンジャン横丁は朝から飲めるお店も多い。

 

新世界の始まりは明治36年(1903)、天王寺および現在の新世界で催された第5回内国勧業博覧会に遡る。

 

その跡地の東半分には天王寺公園がつくられ、残った西半分には中央にシンボルとして通天閣(初代)と、その南側に有料遊園地のルナパークがつくられた。

 

これを契機に芝居小屋や映画館などが集結して発展し、新世界がかたちづくられていくことになる。

 

現在、ルナパークも映画館も閉館したが、通天閣の展望台には遠方からの観光客で賑わっているほか、真下にある地下の通天閣劇場では毎週月曜日、各地方で活躍する歌姫たちが演歌を熱唱し、通天閣劇場TENGEKIでは毎週土日に漫才や上方落語などで観客を楽しませている。

また、土・日曜日には松竹の芸人により落語や漫才が行われている。

 

南北130mの間に串カツ屋、どて焼き屋、囲碁将棋クラブなど約50軒の店が軒を連ねる「ジャンジャン横丁」も元気そのもの。

 

通りには将棋クラブのほかスマートボールの遊技場や昔ながらのゲームセンターに射撃ゲームが楽しめる遊技場など昭和の頃にタイムスリップしたかのような懐かしさを感じさせてくれます。

 

土日・休日になると、ツアー客が大勢で訪ねて、ビリケンさんやフグ提灯の看板などをバックに記念写真撮影を楽しむ。

 

またエリア東には世界の大温泉スパワールドがある。

スパワールドは、都市型温浴施設です。

 

「美と健康の24時間快適空間」というキャッチフーズの通り、プールに温泉・岩盤浴・リラクゼーション施設・ホテルなどが備えられ、地元の人から大阪を訪れる観光客まで幅広く愛されています。

 

また巨大な屋内型プールも完備され、季節に関係なく子供から大人まで遊べるのも魅力です。

 

飛田

「日本最後の遊郭」とも言われる飛田新地があるエリア。

 

約200メートル四方のエリアに軒を連ねる百数十店は「料亭」の看板を掲げる。

 

20代の若い女の子が多いメイン通りや青春通り、お姉さんが多い妖怪通りなど大小様々な通りがあり、夜のもなれば大阪の紳士たちで活気があふれる大阪の色街。

 

ディープな大阪を体験してみたい方はぜひ飛田新地で遊んでみてはいかかでしょうか。

 

釜ヶ崎

西成区北東部に位置する『あいりん地区』のあるエリア。

 

あいりん地区という地域名はJR西日本新今宮駅の南側一帯の地区の愛称であり、昔の地名で『釜ヶ崎』とも呼ばれます。

 

ここ、あいりん地区には数多くの路上生活者が居住しており、住所不定の日雇い労働者の多さから日雇い労働者向けのドヤ(=簡易宿泊所)が集まることから、日本三大ドヤ街のひとつに数えられており、あいりん地区以外には、山谷(東京都上野)、寿町(横浜市寿町)が日本三大ドヤ街とされています。

 

世界三大ドヤ街に含まれるあいりん地区。

 

せっかくドヤ街に来たのだから、やはりドヤに泊まるべきでしょう。

 

「ホテルパークイン」は新今宮駅から徒歩約2分、動物園前駅から約1分の好立地にも関わらず、一泊の料金は¥1,000というロープライス。

1ヶ月連泊しても3万円です。

 

その他、簡易宿泊施設はさらに激安なものも多く民泊施設も多い。

 

このエリアは格安旅行を希望する方にはうってつけのエリア。

 

飲食店も自動販売機も格安です。

 

 

格安を求めて今ではバックパッカーや外国人観光客で溢れかえっている。

 

地下鉄動物園前駅を降りてすぐの宿や店には、夜になるとたくさんの外国人が詰めかけています。

 

大阪・西成「あいりん地区」(通称・釜ヶ崎)が、今や “観光地”と化している。

 

世界でも有数の荒廃した街のひとつともいわれる西成。

 

その「スラムぶり」が観光資源となり、老若男女、国籍を問わず観光客の関心を集めているのだ。

2020年の年明け、「ホームレスと共生する街」・西成では、途切れることのない観光客が、非日常感溢れる街の様子を物珍しそうに眺めていた。

 

ここ西成では、ペンキで壁やシャッターに描かれた「ダギング」と呼ばれる落書きが至るところに施されている。

 

住民からも評判の悪いこの落書きは、今、地元アーティストが中心となり、ウォールアート(壁面絵画)へと描き替えられつつある。

街の雰囲気も明るくなったと地元民や国内外の観光客からの評判も上々だ。

 

「日本一、ディープな場所にあるカレー屋」というキャッチで知られるカレー店「薬味堂」のシャッターも例外ではない。

この店のマスターの後輩だというグラフィックアーティストによって描かれたシャッター前で記念撮影する外国人観光客が何人もいた。

今宮

このエリアに鎮座する『今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)』は、商売繁盛の神様“えべっさん”として知られている神社です。

 

「商売繁盛で笹もってこい!」の掛け声で有名なお祭り『十日戎』は、毎年1月9日〜11日の3日間で100万人以上の参詣者があるといわれています。

普段は静かなこのエリアも十日戎の時期には多くの人で賑わい縁日の屋台が軒を連ねます。

帝塚山・北畠

関西屈指の高級住宅地として名高い街、帝塚山。

 

前方後円墳の形をほぼ残し、歴史を感じられる「帝塚山古墳」があることでも知られています。

 

近隣には広大な敷地を誇る「万代池公園」があり、閑静な住宅地が広がっています。

周辺には、安倍晴明が由来の「晴明丘」や、北畠家が由来の「北畠」など、歴史を感じさせる地名も多くあります。

 

現在でも広い敷地を持った邸宅が立ち並ぶ大阪屈指の高級住宅街として、多くの人の憧れの街となっています。

 

高級住宅街として知られる一方で、レトロな建物や蔵屋敷などが立ち並び、どこかノスタルジーな雰囲気をまとう魅力的なエリアです。

そんな帝塚山に、こだわりの詰まったお洒落なカフェが近頃増えている。

万代池公園でのんびりしたあとはお洒落なカフェで時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

 

長居公園

総面積65.7haの長居公園は、毎冬の大阪国際女子マラソンの舞台としてお馴染みの長居陸上競技場をはじめとして、スポーツや自然に親しめる様々な施設を備える。

園内は2つの陸上競技場や球技場、プール、庭球場、トレーニング場、障害者スポーツセンターの他、約1,000種類もの樹々や花々を集めた植物園、自然史博物館、郷土の森、緑の相談所などがある。

公園地下には巨大駐車場も整備され、多くの老若男女で賑わっている。

 

住吉

摂津国の一宮である住吉大社は、全国2300社余ある住吉神社の総本社であり、正月には約200万人もの参拝者で賑わう。

門前町の粉浜商店街は「すみよっさん」の愛称で親しまれている住吉大社のお膝元にある、商店街です。

 

その歴史は古く明治時代にまでさかのぼります。

 

 

南海本線粉浜駅から住吉大社までのひと駅間に、様々なお店が軒を連ね、舌や目の肥えたお客様にも満足して頂ける、こだわりの品揃えが自慢の商店街です。

商売繁盛の神様、すみよっさんにちなんだ「はったつ市」や「100円商店街」なども定期的に開催しています。

 

すみよっさんにお参りに来られた方にも楽しめる商店街です。

 

東部

 

京橋・大阪城公園

大阪の「東の玄関口」でもある京橋は、飲食店街や歓楽街としても発展している活気あふれるエリアです。

 

大阪城に繋がる繁華街です。

 

駅前には京阪モールやイオンなど大型のショッピング施設があり、駅周辺には多くの飲食店が軒を連ねます。

大阪でも京橋はグルメ必見エリアなんです。

 

というのも、安いだけでなく美味しいいわゆるB級グルメが勢ぞろいなんです!

 

大阪名物のB級グルメはもちろん、お酒を飲みたいなんて時にもオススメなお店がいっぱいです。

 

駅東側には大阪屈指のディープスポットである商店街が広がり、キャバクラや安くて美味しい居酒屋さんがたくさんあります。

 

 

いくつも広がる商店街と枝分かれする路地裏には所狭しと飲食店がひしめきあっています。

駅西側にはお洒落な飲食店が多く、コムズガーデンもあり落ち着いた雰囲気を出しています。

南にいくと高層ビルが林立する大阪ビジネスパーク(OBP)があり、そこを抜けると大阪城公園です。

 

京橋は多様な顔を持つ街で大阪第四の繁華街です。

 

大阪城にお越しのさいは京橋で過ごしてみることをおすすめします。

 

OBP・大阪城公園

OBP(大阪ビジネスパーク)は、読売テレビ、住友生命、KDDI、東京海上日動火災、富士通、日本電気など大手企業がオフィスを構える大阪の新都心。

 

26haの敷地にはTWIN21、IMP(インターナショナル・マーケット・プレース)などオフィスビルをはじめ、西日本最大規模をもつ大阪城ホール、クラシック音楽専用の「いずみホール」、など文化を創造するイベント関連施設、そしてショッピングやスポーツ施設、ホテルなども集中している。

大阪城公園内には大阪城天守閣をはじめとする歴史建造物を有するほか、約300本の桜を楽しめる西の丸庭園や、約100種、1270本の梅の花が咲き誇る梅林など、四季折々の花を楽しめるスポットが充実。

また、大阪城音楽堂や大阪城ホールでは、音楽コンサートもたびたび開催されている。

 

弓道場、修道館などスポーツ関連施設もある。

 

大阪城天守閣のお膝元にあるのが、「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」。

風格のある建物ですが、元々は1931(昭和6)年に大阪城天守閣の再建とともに建てられた、旧第四師団司令部庁舎という歴史的な建造物なんです。

 

それを2017年にリニューアルして、レストランやカフェが入った誰もが楽しめる場所に生まれ変わりました。

 

公園の散策に疲れたら、「JO-TERRACE OSAKA(ジョーテラス大阪)」へ寄ってみましょう。

「歩いてお茶して、緑の中の城下町」をコンセプトに誕生した商業施設です。

 

和の趣きがあるカフェやショップが22店舗あって、好みのお店が選べますよ。

 

2019年大阪城公園の一角にオープンした、「COOL JAPAN PARK OSAKA(クールジャパンパーク大阪)」は大阪の新たなエンタテインメント発信拠点として、いま注目を集めています。

ミュージカルやコンサート、演劇を上演する大きな「WWホール」、伝統芸能や演劇にも使用される中規模の「TTホール」、そして小演劇や音楽ライブに適した「SSホール」と、大中小の3つのホールがあります。

 

大阪を代表する新しいエンターテインメントの発信拠点というだけあって、このホールの名付け親はあの明石家さんまさんなんですよ。

 

鶴橋

韓国やK-POP好きにはたまらないエリア。

 

国際都市大阪を象徴するスポットのひとつで国内屈指のコリアンタウンが広がる。

 

 

天王寺区・東成区・生野区をまたぎ、6つの市場や商店街からなる大規模な市場で、巨大なアーケードの下には生鮮食品店や乾物など日本の食料品はもちろんのこと韓国食材・衣料品など専門店が約1500軒がひしめきあっている。

 

 

キムチや焼肉の店も数多く、グルメも満喫できる。

 

焼肉屋をはじめ、韓国食品店、民族衣装、ブティックの専門店が軒を並べ、「国際市場」として全国各地からたくさんの人々で賑わっている。

 

その奥へ迷路のような細い道を進むと、乾物、日用品、果物など、ありとあらゆる専門店が集まっているほか、鮮魚の卸売市場もあり、早朝より大阪市内はもちろん京都などからも料理人が買出しに訪れている。

 

 

もともとは終戦直後、焼け野原になったこの一体に闇市ができ、あらゆる物がここに集まってきたのが原点。

 

当時から商売を続けてきた人たちが殆どで、市場の外観とともに当時のレトロ的な雰囲気を今に伝えている。

 

御幸通商店街(コリアンタウン)

JR環状線の鶴橋駅と桃谷駅の間にある商店街で、キムチやチヂミなど韓国食料品店や飲食店、民族衣装の店が300m程の通りに約150店舗が軒を並べる。

 

多くは在日コリアンの人々による経営で、街中にハングルがあふれ、全国で最も在日コリアンの人々が集中する地域とされる。

近年では、地元の人たちがNGOを結成し、他地方から修学旅行などで訪れる中高生を相手に、キムチづくりの体験やハングルの入門講座教室、街案内などをしているそうだ。

 

玉造・真田山

このエリアには、真田幸村が築いた大阪城の出城「真田丸」跡地をはじめ、幸村ゆかりの名所・旧跡が数多く存在します。

 

他にも色んな歴史の跡が残っています。

 

「真田山エリア」で歴史スポットを巡りましょう!

 

大阪城の出城「真田丸」の跡地といわれている「三光神社」




 

三光神社は、大阪市天王寺区玉造本町の宰相山公園内にある神社です。

 

JR大阪環状線の玉造駅から300mほどの場所にあります。

 

三光の由来は天照大神、月読尊、素戔嗚尊の神々を祀っていることによります。

 

古くから中風除の神として知られており、毎年6月1日を祈願の初日として、中風除祈願大祭が7日間執り行われています。
(※中風病は脳梗塞などの後遺症で半身の不随など、手足が麻痺する病気です。)

大阪城の東南に位置するこの辺りが「真田丸」と言われた場所です。

 

1614年(慶長19年)大阪冬の陣の際、大阪城の弱点とされる東南方面の防御を強化するため、大阪方の真田幸村が大阪城の出城として陣を張りました。

 

現在、この付近は真田山と呼ばれています。

三光神社の境内には、鎧姿の真田幸村の銅像があります。

 

これは1987年に建立されたもので、台座には信州上田の真田家の菩提寺から取り出した真田石を用いているといわれています。

隣には、幸村が築いたと伝えられる、城下に通じる地下の道「真田の抜け穴」もあります。

 

拝殿のすぐ近くにあり簡単に見つけることが出来ます。

 

万城目学氏の小説「プリンセストヨトミ」に登場した抜穴は、ここから連想されて作られています。

 

「真田の抜け穴」。

柵には六文銭のマークがあります。

 

六文銭と言えば真田幸村ですよね。

 

毎年11月の第一日曜日に開催される真田祭では門が開けられ、穴の中を見ることができます。

 

境内末社の武内宿禰は富貴長寿の神として祀られており、大阪七福神巡りの一つ「寿老神」として、参拝者が絶えません。

三光神社は小さな神社ですが、静かでとても雰囲気が良いところです。

 

小高い丘であの真田幸村が銅像のように采配をふるっていたと想像するだけでも、歴史ロマンを感じることもできます。

 

桜ノ宮公園周辺

桜ノ宮公園は都会のオアシス。

 

大川沿いに沿った毛馬桜之宮公園は桜並木が見事で、春の散策にオススメ。

 

大阪造幣局では桜の通り抜けで有名。

 

大阪の春を味わいたいなら桜ノ宮がおすすめ。

 

桜ノ宮は夏には天神祭りで大川には屋台舟が行きかい公園内には屋台ができ人ごみで活気あるれる。

また公園内には「大阪ふれあいの水辺(桜ノ宮ビーチ)」という人工ビーチもあり、家族連れでにぎわっている。

南に歩くと太閤園がある。

 

太閤園は、昭和34年(1959)にオープンした格調高い庭園と宴会場や高級料亭からなる、およそ7000坪の敷地をもつ施設。

 

もとは明治42年(1908)頃、当時の財界の雄であった藤田傳三郎氏が大川(旧淀川)畔に築造した「綱島御殿」に遡る。

現在は各種パーティ会場や展示室などに利用できる大中バンケットなどがある。

 

とくに、格式高い料亭「淀川邸」では、庭園を眺めながら日本料理の神髄を味わうことができるのが魅力だ。

 

太閤園の庭園は築山式回遊庭園で、日本各地から集めた石や灯龍、塔などから作庭され、四季折々に美しい表情をたたえることでよく知られる。

 

近年では、5~6月頃にホタルを見ることもできるそうだ。

 

藤田美術館(※2022年4月まで休館中)や藤田邸跡公園なども隣接して、歴史や文化を感じることができる。

 

大川の対岸にはOAPがあり、OAPにある帝国ホテル大阪では旬の苺とチョコをテーマにしたブッフェなども楽しめる。

 

 

鶴見緑地公園周辺

ネモフィラが咲く花畑の写真が、SNSで大人気の鶴見緑地公園。

 

EXPO’90「国際花と緑の博覧会」会場の跡地を再整備した都市公園。

約123haの敷地内には、渡り鳥が羽を休める大池を真ん中に、2600種、約15000株の植物を温室栽培展示する「咲くやこの花館」や、日本庭園、国際庭園、ハナミズキホール(鶴見スポーツセンター)など当時のパビリオンや庭園が残されているほか、乗馬園や球技場・運動場、温水プールのスポーツ施設、バーベキュー広場やキャンプ場などのレクリエーション施設、自然体験観察園など環境問題を学習する施設も新たに整備された。

一部の有料施設を除いて入場は無料。

 

一年を通して季節折々の花や植物を楽しめる他、イベントの催しもある。

 

話題のネモフィラの景色は、例年4月下旬からGW頃まで「風車の丘」で見られます。

 

近くには三井アウトレットパーク 大阪鶴見やイオンモール鶴見緑地など大型施設があり、ショッピングやグルメを楽しめる。

千林

千林商店街は、大阪市内で育った人ならばディープな下町スポットとして思い浮かべる昔ながらの商店街です。

 

比較的観光客が少なく、地元民が集まる”大阪色が強い商店街”になります。

 

 

京阪本線の千林駅と、大阪メトロ谷町線の千林大宮駅から、それぞれ歩いてすぐにアクセスできます。

 

千林商店街には、ローカルな人気店がたくさんあります。

 

商店街の西側入口には、千林地区で有名なカレー店「カレーダイヤ」があります。

1960年創業の老舗店で、看板メニューのビーフカレーはボリューム満天、コクのあるルーが人気で多くのファンに愛されています。

 

商店街のなかには入ると、ラーメン屋「秀楽 極」があります。

 

 

その他にも「ついてる中山」「中華そば いちかばちか」「MARCO」といった人気ラーメン店が立ち並んでいます。

 

甘いものが食べたくなったら、商店街の中にある千林地区でとても有名な「角屋」という甘味処へ。

こちらで販売している夏季限定のかき氷は、かなりのボリュームがあり、間違いなくSNS映えするインパクトがありますよ。

 

夏にはぜひともおすすめです。

 

また、おいしいうどん屋も多いのが、千林商店街です。

 

北側には有名なうどん屋「紅屋」「踊るうどん 滝井本店」があり、東側には「山田製麺所」という、こちらも大変有名なうどん屋があります。

 

千林駅を西に行くと滝井新地があり、大阪五大新地のひとつとして料亭が軒を連ねる。

大阪に古くから残る遊郭街の1つ。

 

西部

 

夢洲

2025年『大阪・関西万博』の会場であり、それまでに開業を目指すIR誘致先でもある大阪湾岸部の人工島・夢洲地区。

 

 

今はコンテナ埠頭のみしかない人工島だが、今後数年で景色は様変わりするであろう大阪一ホットなスポット。

 

 

舞洲

大阪湾に浮かぶスポーツ・レジャーアイランド。

 

スポーツを中心とした大型総合レジャー施設があり、1990年代に行われた大阪オリンピック誘致運動の一環として作られた。

 

多目的ホール「舞洲アリーナ」に加え、ベースボールスタジアム、テニスコート、運動場などがある。

施設内にはオートキャンプ場やロッジ、バーベキュー場などアウトドアを楽しむ施設も多くある。

 

見晴らしのよい丘や噴水広場といった散策に向いたエリアもあり、さまざまなレジャーを楽しむことができる。

また野外ライブや様々なイベントも行われる。

プロバスケチームの大阪エヴェッサ、プロ野球のオリックス・バファローズ、サッカーJリーグのセレッソ大阪が舞洲エリアに拠点を置き練習や試合、イベントなどを行っている。

大阪市内でスポーツやレジャーを楽しみたいなら舞洲がおすすめ!

 

咲洲

大阪湾に浮かぶ人工島。

 

ウォーターフロントの良質なビジネス環境から、先端技術開発企業の本社や研究施設をはじめ、データセンター等が集積しています。

 

ATC周辺には、グルメ・ショッピングが楽しめるO’s棟とアウトレットモールなどのITM棟があり、海沿いはゆっくり寛げる広場になっているので、海を眺めたりショッピングなどの合間の 休憩にもよさそうです。

 

すぐ近くには、超高層ビル「コスモタワー」の展望台もあります。

 

他にも、国内最大級クラスの国際見本市会場「インテックス大阪」があり人気のイベント会場です。

 

ATC(アジア太平洋トレードセンター)はO’s棟とITM棟の建物をまとめてATCです。

 

 

シーサイドのO’s棟は景色もよくショッピング・グルメが楽しめATCホールではイベントなども開催することがあります。

 

駅と直結しているITM棟は、最上階の12階まで吹き抜けている開放感のある建物で、アウトレットモール・家具インテリア・ショールーム・オフィスなどがあります。

 

複合商業施設のATCは、コスモタワーとも連絡通路で繋がっています。

 

コスモタワー(大阪府咲洲庁舎)は高さ256m・地上55階・地下3階の展望台もある超高層ビルです。(あべのハルカスは、高さ300mです。)

最上階の55階が有料展望台となっていて、360度の大阪の絶景を楽しむことができます。

 

青空の昼はもちろんですが、日が沈む時間帯や光が輝く夜景などの感動的な景色を眺めることができるかもしれません。

国内最大級クラスの国際見本市会場「インテックス大阪」は、6館10ゾーンの施設があり、モーターショー・企業展示・フォーラム・フリーマーケット・コミックマーケット・コンサートなど さまざまなイベントが開催しています。

 

天保山

天保山周辺には、人気のジンベエザメのいる海遊館に、すぐ近くの海沿いにあるグルメ・ショッピングが楽しめるマーケットプレースと観覧車があります。

 

 

天保山ハーバービレッジは、世界最大級の水族館「海遊館」、大型商業施設「天保山マーケットプレース」、カップルに大人気の大観覧車、ホテルシーガルなどを中心に、1990年7月に開業した複合型アミューズメント施設です。

レゴランド・ディスカバリー・センター大阪もあります。

 

また、「海遊館」の前にある広場ではパフォーマーによるストリートパフォーマンス(大道芸)が行われ、いつも多くのお客様が人だかりを作っていらっしゃいます。

ご家族連れはもちろん、カップルやご友人同士でも、天保山ハーバービレッジは一日中楽しむことができます。

 

海遊館のすぐ横のはとばから出港して大阪湾内を約45分周遊するクルージングを楽しめます。(昼間のデイクルーズは約1600円)

 

大航海時代のコロンブスの木造船「サンタマリア号」をモチーフに造られていますが、中身は現代の鉄で出来た構造で大きさも2倍ほどのようで、波の揺れもあまり感じないほど安定した乗り心地なので 船が苦手な方も、乗船できるかもしれません。

 

南に行くと100年近い歴史を持ち、近代化遺産として価値の高い築港赤レンガ倉庫があります。

 

その古き良き建造物を活かし、往時のロンドンやニューヨークの街並みのような空間を演出。

 

往年のクラシックカーを生かす最高のステージに生まれ変わりました。

 

GLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)は動態保存にこだわった、ヴィンテージ車を展示しています。

国内でも希少な、赤レンガ倉庫を用いたクラシックカーミュージアムは日本初の試みであり、スケールと展示車数は来場すれば実感できるはずです。

 

さらにAKARENGA STEAK HOUSE(アカレンガステーキハウス)やLA VIE 1923なども併設。

 

海遊館を中心に天保山は大阪観光では外せないスポットです。

 

 

USJ・桜島周辺

世界最高峰のエンターテインメントが体験でき、子どもから大人まで楽しめるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)があるエリア。

 

 

USJは超大作映画をリアルに再現した、エキサイティングなアトラクションや、家族みんなで楽しめるショーの数々。

 

誰もが1日中現実を忘れられる夢の世界です。

 

最寄り駅からUSJまで広がるユニバーサル・シティウォーク大阪は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™に隣接するエンターテインメント商業施設です。

 

アメリカンテイストあふれる街並みに個性的なレストランやショップが勢揃い!

 

本場ハリウッドの感動と興奮・・・。

 

今まで日本に無かった新しい楽しさと、ここだけにしかない最高のエンターテインメントを味わうことができます。

 

ユニバーサル・シティウォーク大阪で、刺激的な体験を!

 

 

USJ周辺にはUSJのオフィシャルホテルが林立し、Zepp Osaka Baysideもあります。

 

近くには連絡船の港もあり、天保山エリアと結ばれているので周遊するのに便利!

 

大阪に来たさいには是非USJに行ってみてください。

 

1日中遊べます!

 

大正・平尾

大正エリアは、人口の4分の1が沖縄出身と言われ、約10年前から沖縄料理店が増加。

 

本場の味や生演奏で盛り上がる。

 

大阪で本場沖縄の絶品料理を堪能しよう。

 

大正区平尾エリアは、沖縄の食文化が色濃く定着したディープなスポットです。

 

 

通称「リトル沖縄」と呼ばれ沖縄の食文化に触れられる飲食店や物産展が点在し、琉球舞踏・琉球空手などの独特の文化も見受けられます。

大正は大阪ドーム(京セラドーム)にも近く、野球観戦はもちろん各種イベントも行われ、訪れる機会もあるだろう。

ドームの横にはイオンモール大阪ドームシティがあり、その規模は市内随一。

 

グルメやショッピングの施設も充実している。

大阪ドームの対岸、大正駅の尻無側の川沿いには複合施設「TUGBOAT_TAISHO(以下タグボート大正)」(大阪市大正区)のがオープンした。

フードエリアにオープンするのは、ピッツアのレストラン、ベーカリーカフェ、お弁当店、スナック、沖縄酒場、バーと、地元の人も観光客も狙う幅広いラインアップ。

 

また、気軽に利用できるフードホールには、バーガー、焼き鳥、ポテト、サワー、担々麺、たこ焼きなどの10の専門店がそろい、アルコール類も充実予定。

 

 

また、フードホールには、ET-KINGが所属するプロダクション「BARIKI」が共同運営するライブステージが併設され、若手アーティストらが活躍できる場所となりそうだ。

 

同施設は3エリアから構成され、ワークショップ施設と「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」までの定期船が走る第2期エリアが春に開業し、川に浮かぶホテルが今夏に第3期エリアとして開業した。

 

弁天町

大阪市内の西側に位置していて、市街地と大阪港とのちょうど境目にあります。

 

ここから西に行くと、どんどん海の雰囲気が近づいてくるイメージです。

 

世界最大級の水族館である「海遊館」のある大阪港駅までは2駅。自転車があれば京セラドームにもすいすい行けますよ。

 

また弁天町の駅前には、高層ビル「OSAKA BAY TOWER」があります。

最上階には温泉が入っていて、ベイエリアのランドマークとして注目されています。

 

この温泉は「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER」という温泉です。

“美・癒・味”をテーマに、天然温泉や岩盤浴、リラクゼーション、レストラン、物販展など様々な施設とサービスを提供する大規模な複合型テーマパーク。

 

安土桃山時代をコンセプトに古き良き日本の町と和モダンを融合させたこれまでにない特別な空間を演出する。

 

約5,000坪を誇る同パーク内では、地下約1,000mから湧き出す弱アルカリ性の天然温泉「美肌の湯」をはじめ、源泉かけ流しの露天風呂、広大な日本庭園を見下ろす庭見風呂、炭酸泉や日替わり風呂など6種類の多彩な風呂を用意。

 

また、2〜5名用の貸切風呂も完備。プライベートな空間を楽しめる。

 

さらに女性用ロッカールームには約100㎡の広さを持つ国内最大規模のパウダールームを設置。

 

様々な美容機器やコスメの貸出サービスもあり、開放的な空間でセルフケアを行える女性に優しい設計となっている。

 

これだけ近代的なビルが建っている弁天町ですが駅周辺は近代的な街かと言われると、決してそうでもないんです。

むしろ下町のイメージが強いかもしれません。

 

美味しそうなお好み焼き屋さんなんかもあってふらっと寄りたくなりますよ。

 

川口・松島

外国人居留地といえば神戸が有名ですが、大阪の川口にも、洋館が立ち並ぶ開港場があったことをご存知でしょうか。

 

しかも対岸には、ドームを備えた堂々たる洋風建築の大阪府庁舎や市庁舎が建ち、大阪の文明開化は、まさにここから始まったのです。

 

“江之子島政府”と呼ばれ、西の居留地に正面を開けた大阪行政の中心地でした。

 

今は地続きとなりましたが、島の高低差が残っています。

 

今では当時の建物はあまり残されていませんが、旧居留地では日本最古級の荘厳な大聖堂、川口基督教会が現存しています。

 

 

当時に想いを馳せ散策してみましょう。

 

そして、居留地から西にしくと居留民のために作られた松島遊郭があります。

飛田新地と並ぶ、現役の色街です。

 

大阪中央卸売市場周辺

大阪市福島区にある「大阪市中央卸売市場」。

 

最寄駅はJR環状線「野田駅」で、駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

 

広大な敷地で、鮮魚や野菜などが世界各地から集まってきますよ。

飲食店は業者ではない一般の人でも利用可能ですから、営業時間をチェックして出かけましょう。

 

「大阪市中央卸売市場内」にあるお店をおすすめしますよ。

 

魚介類や旬の野菜など、おいしいものが集まる市場であり、朝から営業しているお店が多いので、大満足の朝ごはんが味わえます。

 

創業100年を超える寿司店「ゑんどう」は、シャリを握るのではなく、温かいご飯をふわっとつかみネタを乗せる「つかみ寿司」で知られるお店です。

 

早朝5:00頃からの営業ですが、朝から満席になる人気店です。

 

周辺には大阪市中央卸売市場前港がありクルーズ船の船着場となっています。

港近くには、「ざこばの朝市」と呼ばれる新鮮な魚介類が購入できる朝市が開かれている。

 

大阪・雑喉場 天下の台所 ざこばの朝市 見て、体験して、味わえる食育パーク!

ここが天下の台所!ピチピチの魚、シャキシャキの野菜を特別価格で販売しているので是非参加してみましょう。

 

おすすめスポット

大阪城

見どころ満載の「大阪城」世界中から訪れる観光地

大阪を代表するおすすめ観光地大阪城。

豊臣秀吉ゆかりの「太閤さんのお城」というイメージが強いですが、現在の大阪城の石垣や堀は徳川時代に築き直されました。

 

天守閣は昭和のはじめに復興されたもので、内部は博物館となっています。

 

広大な大阪城公園の緑に囲まれ、市民に愛されている大阪のシンボルです。

 

世界中から多くの観光客が連日訪れています。

 

スポット名 大阪城
住所 大阪府大阪市中央区大阪城1番1号
営業時間 大阪城天守閣
9:00~17:00
入館は閉館の30分前まで。季節により開館時間延長あり
定休日 大阪城天守閣
年末年始(12月28日〜1月1日)

 

中座くいだおれビル

くいだおれ太郎や大阪みやげ中座くいだおれビルの大阪の目玉観光地

道頓堀通りに面して建つ中座くいだおれビルは、その正面入り口でくいだおれ太郎に会えることでも有名な観光地です。

 

ここは大阪みやげからグルメ、お笑いライブまで、大阪の魅力をたっぷりと詰め込んだエンターテイメントビル。

 

大阪文化のエッセンスを体感できるおすすめ観光地です。

 

スポット名 中座くいだおれビル
住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目7-21
営業時間 店舗により異なる
定休日 店舗により異なる

 

法善寺横丁

難波の歴史と文化が残る法善寺横丁でグルメを堪能

法善寺横丁の門をくぐると、石畳の細い路地にびっしりと飲食店が並び、大阪らしいお好み焼きや串カツ、ちょっとリッチな割烹、大人っぽいバーなど、いろんな人がやってくる難波らしい幅広いジャンルのグルメ店が揃っています。

 

その一角にある、水掛不動さんは、人々がお参りの際に水をかけることから、緑色の苔に包まれて静かに横丁にたたずんでいます。

 

昭和のはじめ、織田作之助の小説「夫婦善哉」、歌謡曲「月の法善寺横丁」で全国区となり、歓楽街にありながら風情ある横丁として多くの観光客が訪れる観光地です。

 

スポット名 法善寺横丁
住所 大阪府大阪市中央区難波
営業時間 店舗により異なります。
定休日 店舗により異なる。

 

大阪城公園

自然と歴史の大阪城公園は押さえておきたい観光地

都会の中心部にありながら、歴史や自然に触れ合える大阪城公園。

 

梅や桜は、府内でも指折りの観光名所です。散歩やジョギング・バードウォッチングをする地元の人も多く見かけられます。

 

本丸・二の丸を中心とした城郭一帯は国の特別史跡、または登録有形文化財の天守閣のほか重要文化財の古建造物も点在し、歴史が好きな観光客におすすめの公園です。

 

広大な敷地は最寄り駅も一つや二つではありません。

 

好みに応じた見どころを逃さないように観光してください。

 

スポット名 大阪城公園
住所 大阪府大阪市中央区大阪城
営業時間 公園
24時間入園自由
大阪城天守閣
9:00~17:00
入館は閉館の30分前まで。季節により開館時間延長あり
西の丸庭園
3月~10月
9:00~17:00
11~2月
9:00~16:30
入園は閉館の30分前まで。桜の開花期は開園時間の延長あり
定休日 公園
無休
大阪城天守閣
年末年始(12月28日〜1月1日)
西の丸庭園
月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)
年末年始(12/29~1/3)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

リピートしたくなる魅力でいっぱいの大阪観光地

ハリウッドの超大作映画をテーマにしたアトラクションや人気キャラクターたちのショーなど、異なる表情を持つさまざまなエリアがあり、年齢を問わず遊べる大阪きってのテーマパーク。

 

大阪観光で絶対外せない人気スポットです。

 

ここに来れば、みんなワクワクドキドキ♡興奮と感動を与えてくれる世界観に大満足できます。

 

スポット名 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
住所 大阪府大阪市此花区桜島2丁目1-33

 

通天閣

新世界を見下ろす通天閣の展望台100年の歴史をもつ観光地

1912(大正元)年、新世界が開かれた時に初代通天閣が誕生。

 

パリのエッフェル塔をモチーフに建てられたこの美しいタワーを中心にルナパークやショッピングモールは多くの人で賑わいましたた。

 

1943年火災に遭い、翌年解体されたが、地元の有志らの寄付によって1956(昭和31)年に再建。塔頂部の天気予報サイン、ビリケン堂の再建、広告塔としてのネオンが開始され、大阪のランドマークの一つとして100年以上人々に親しまれている観光地です。

 

スポット名 通天閣
住所 大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目18-6
営業時間 9:00~21:00(最終入場20:30)
定休日 年中無休

 

黒門市場

まさに大阪の台所的な観光地! くいだおれの街を支えてきた市場

圓明寺という寺の黒い門の前で開かれたいたことから名付けられ、江戸時代には魚商人が集まり活気に溢れていたという黒門市場。

 

現在は魚、肉、野菜からお菓子、日用品まで、200店近いお店が軒を連ねている。特にフグやクジラ肉を扱う店が多いのは大阪ならではです。

 

肉専門店のコロッケやマグロ専門店のマグロ丼など、厳選した食材を使ったグルメもおすすめ。

 

その場で食べることができる店も多いので、難波からも近いことから外国人観光客にも人気を集めています。

 

スポット名 黒門市場
住所 大阪府大阪市中央区日本橋2丁目4番1号
営業時間 各店舗により異なる
定休日 各店舗により異なる

 

天満天神繁昌亭

上方落語をライブで楽しむ観光地、天満天神繁昌亭

待望の上方落語の定席として「天満天神繁昌亭」がオープンしたのは2006年のこと。

 

昼席、夜席と毎日寄席が開かれ、多くの落語ファンや観光客が訪れています。

 

落語のために作られた200席ほどの客席は、舞台に近く、噺家の熱演が直に伝わってくるのも魅力です。

 

企業や市民の寄付金によって作られた証に、天井などに掲げられた寄付者の名前入り提灯は1500個。

 

圧巻のその光景に大阪人の落語への愛情を感じます。

 

スポット名 天満天神繁昌亭
住所 大阪市北区天神橋2-1-34
定休日 無休

 

大阪市中央公会堂

梅田から散歩したい中之島周辺!大阪市中央公会堂の魅力

梅田から御堂筋を南へ歩いて、堂島川にかかる大江橋を渡ると中之島エリア。

 

東側に進むと、大阪市役所や府立図書館の重厚な建物の向こうに、ネオルネッサンス様式の美しい大阪市中央公会堂が見えます。

 

市民のための公会堂を作りたいと、大阪の実業家、岩本栄之助氏の寄付によって1918(大正7)年に完成したもので、彼の願い通り100年以上、市民が気軽に利用できる公会堂として親しまれ、国の重要文化財指定を受けている偉大な観光地です。

 

スポット名 大阪市中央公会堂
住所 大阪府大阪市 北区中之島1丁目1-27
営業時間 展示室  9:30~20:00

 

新世界

歴史ある庶民の街を観光するなら天王寺から新世界へ

1903(明治36)年の第5回内国勧業博覧会の跡地を利用して1912(大正元)年に開かれた新世界。

 

遊園地「ルナパーク」があり、初代通天閣を中心に、パリの市街地を模した街並みにショッピングモールが作られた最先端の観光地として観光客で賑わいました。

 

遊園地が閉園した後、芝居小屋や映画館、飲食店が集まって今につながっています。

 

鉄道各線が集結するターミナル天王寺から近く、市営地下鉄や南海電鉄、阪堺電鉄の路面電車が通る便利な観光地です。

 

スポット名 新世界
住所 大阪府大阪市 浪速区恵美須東1丁目18-8
営業時間 各店舗により異なる
定休日 各店舗により異なる

 

ジャンジャン横丁

大阪ならではの観光地!ジャンジャン横丁で新世界グルメ

新世界の一番南側にある小さな商店街「ジャンジャン横丁」には、道の両側に寿司や食堂など、大小様々なグルメ店があります。

 

朝から開いている串カツ屋もあり、明るいうちからビールを飲み、話し込む人の姿が見られる観光地です。

 

かつては労働者の街でしたが、最近は若い人や女性、観光客も増え、安くておいしくて親しみやすい昭和グルメとその空気感が人気となっています。

 

スポット名 ジャンジャン横丁
住所 大阪府大阪市浪速区
営業時間 ジャンジャン横丁  各店舗により異なる
定休日 各店舗により異なる

 

天王寺動物園

約200種1000点を飼育!100年の歴史を誇る大阪の定番観光地

観光スポット通天閣のすぐそばに広がる都会のオアシス、天王寺動物園。

 

約11ヘクタールの敷地に約200種1000点の動物を飼育し、2015年1月には開園100周年を迎えた国内で3番めに歴史のある動物園です。

 

生息環境の景観を再現して展示する「生態的展示」が人気で、ファミリーでもカップルでも楽しめるおすすめ観光地。レンタルベビーカー、可愛いログハウス風の授乳室、キッズ用のお手洗いなど、ファミリーにうれしいサービスや施設も揃っています。

 

スポット名 天王寺動物園
住所 大阪府大阪市 天王寺区茶臼山町1-108
営業時間 通常
9:30~17:00(最終入園16:00)
5月、9月の土日祝日
9:30~18:00(最終入園17:00)
定休日 毎週月曜日(休日にあたる場合は翌平日)
年末年始(12/29~1/1)

 

あべのハルカス

パノラマの絶景が広がる高さ日本一のランドマークは外せない大阪観光地

2014年春にオープンした、日本一の高さを誇る超高層複合ビル、あべのハルカス。

 

あべのハルカス近鉄本店のほか、美術館やレストラン、ホテルなどが入っており、立体都市と称されています。

 

最上階には展望台「ハルカス300」があり、関西一円を見渡せる360度のパノラマビューは圧巻。

 

JR・地下鉄天王寺駅、近鉄阿部野橋駅から徒歩すぐで、天王寺動物園や通天閣にも近く便利なロケーションということもあり、大阪観光の新たな拠点ととして、おすすめです。

 

スポット名 あべのハルカス
住所 大阪府大阪市 阿倍野区阿倍野筋1-1-43
営業時間 あべのハルカス
9:00~22:00
定休日 年中無休

 

梅田スカイビル・空中庭園展望台

世界が認めた梅田スカイビル!夜景にうっとり空中庭園展望台

地上173メートル、40階建ての連結超高層ビル「梅田スカイビル」。

 

屋上には、光と風を感じることができる「空中庭園展望台」があります。

 

視界360度の開放された空中庭園展望台は、世界も認める絶景スポット。

 

特に「日本の夕陽百選」と「夜景100選」に選ばれた風景は、感動を呼ぶ美しさです。

 

デートに観光に忘れられない思い出の場所になる大阪の観光地です。

 

スポット名 梅田スカイビル・空中庭園展望台
住所 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビル39・40F・屋上
営業時間 空中庭園展望台
10:00~22:30(最終入場22:00)
※季節による変動、特別営業日あり
定休日 なし(※荒天時、屋上閉鎖の場合あり)

 

道頓堀

これぞ大阪観光スポット!大阪名物グリコとカニをご覧あれ

大阪屈指の人気撮影スポット「グリコの看板」や、「カニ道楽の動く大きなカニ」はここ道頓堀にあり観光客の活気に溢れています。

 

あらゆるジャンルの飲食店が立ち並び、食べるものには困りません。

 

小腹が空いたらたこ焼きやたこせんが心地よくお腹を満たしてくれます。

 

笑顔いっぱいのパワフルな店員さんが多数で、大阪の底力を感じさせてくれます。

 

各鉄道から徒歩圏内なので、旅行のあらゆるタイミングに訪れやすいのもうれしい、便利な大阪観光スポット!

 

スポット名 道頓堀
営業時間 各店舗により異なる
地図を見る

 

なんばグランド花月

大阪観光で新喜劇や漫才を生で体感!

2011年に創業100年を迎えた、芸人を志す者の憧れの地「なんばグランド花月」。

 

新喜劇や漫才、落語を毎日生で味わうことができる観光スポットです。

 

一瞬一瞬に命をかける芸人さんと、ウケたときの会場全体がドッと沸く臨場感は鳥肌もの。

 

腹の底から笑いたい人におすすめの観光スポットです。

 

施設内には食事どころも多数で、大阪ならではのお土産が揃うお店では思わずクスッと笑ってしまう商品が目白押し。

 

周辺では芸人さんがチケットを手売りしていることもあるので、散歩がてら探してみては?

 

スポット名 なんばグランド花月
住所 大阪府大阪市 中央区難波千日前11−6
営業時間 公演により異なる
地図を見る

 

大阪歴史博物館

館内は別世界!古代の大阪へタイムスリップ

大阪の歴史を1350年前の飛鳥時代までさかのぼり、今に伝えてくれる大阪歴史博物館。

 

館内に一歩入ると原寸大の別世界が待っています。

 

工夫を凝らした展示は、見れば圧倒されるおもしろさ。

 

しかも、一部の資料を除き撮影OKなので、大阪観光の作りにピッタリの写真が撮れますよ。

 

最寄り駅は、地下鉄谷町線・中央線の谷町四丁目駅。

 

大阪城のすぐ近くにあります。

 

スポット名 大阪歴史博物館
住所 大阪府大阪市中央区大手前4-1-32
営業時間 9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
地図を見る

 

四天王寺

地元の人にも愛される大阪観光地

飛鳥時代創建の四天王寺は、さまざまな仏様が集まる信仰の地。

 

弘法大師と聖徳太子の月命日である21日と22日には境内で市が開かれ、普段にも増してにぎやかです。

 

“お大師さん”、“お太子さん”と呼ばれ、今も人々に親しまれている縁日で、掘り出し物を探してみませんか。

 

天王寺の中でも歴史の深い観光地です。

 

スポット名 四天王寺
住所 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
営業時間 御堂の外からのお参り  24時間 お堂・中心伽藍・庭園
4月~9月
8:30~16:30
10月~3月
8:30~16:00
六時堂
8:30~18:00
地図を見る

 

ジョー・テラス・オオサカ

朝から夜まで。大阪城周辺で遊ぶならココ!

スイーツやカフェなどグルメを楽しんだり、大阪城を見ながらバーベキューを楽しんだり。

 

緑あふれる空間の中をのんびり散歩もできる和みの複合施設です。

 

大阪城公園駅からペデストリアンデッキで直結!ベビーカーや車いす、大きなキャリーバッグを押している人も、バリアフリーのデッキで楽々移動ができます。

 

気軽に立ち寄れる大阪観光スポットで遊んで行きませんか?

 

スポット名 ジョー・テラス・オオサカ
住所 大阪市大阪市中央区大阪城3-1 大阪城公園駅前
営業時間 7:00~24:00(店舗により異なるので要確認)
地図を見る

 

玉造稲荷神社

豊臣秀頼に会える神社は恋愛のパワースポット

大阪城三ノ丸跡にある「玉造稲荷神社」は、「お稲荷さん」の総本宮といわれる京都の伏見稲荷大社よりも古い歴史を持つ神社。

 

真田幸村ゆかりの真田紐にちなんだ恋愛パワースポットとしても人気の大阪観光スポットです。

 

境内には、生前の肖像画を元に忠実に制作された豊臣秀頼の像があります。

 

ここ以外にはない、唯一無二の像なのでお見逃しなく。

 

スポット名 玉造稲荷神社
住所 大阪府大阪市中央区玉造2丁目3番8号

 

心眼寺

大阪市顕彰史跡に指定されるお寺

大阪明星学園の東側に建つ心眼寺は、真田幸村父子の冥福を願い創建された寺です。

 

境内には、「不運を幸運に変える」といわれる「まんなおし地蔵尊」が建ち、多くの人が参拝に訪れます。

 

心眼寺の向かいに「真田丸顕彰碑」が建立されています。

 

スポット名 心眼寺
住所 大阪府大阪市天王寺区餌差町2番22号

 

三光神社

大阪観光で必勝祈願!戦う前はここにお参りを

大阪七福神のひとつでもある神社です。

 

境内には、真田幸村が掘ったと伝わる「真田の抜け穴」があり、その傍らには、勇ましい幸村像が建っています。

 

敵を退けた幸村にあやかった「勝守」などのお守りも手にすることができるので、必勝祈願に是非!

 

スポット名 三光神社
住所 大阪府大阪市天王寺区玉造本町14番90号

 

大阪くらしの今昔館

ビルの中に浪花の町。懐かしい大阪にタイムスリップ。

大阪の原風景ともいえるノスタルジックな町並みが再現されている「大阪くらしの今昔館」。

 

年間50万人の人が訪れ、そのおよそ半数は外国人観光客という驚きの大阪観光スポットです。

 

ここは懐かしさの中で新たな発見ができる場所。撮影も自由にできるので、町の人になりきって写真を撮るのもいいですね。

 

スポット名 大阪くらしの今昔館
住所 大阪府大阪市北区天神橋6丁目4-20 住まい情報センタービル8階
営業時間 10時~17時(入館は16時30分まで)
地図を見る

 

海遊館

巨大ジンベエザメが待つ世界最大級の水族館

大阪のベイエリア・天保山にある「海遊館」は、世界最大級の水族館。

 

館内ではアシカやイルカ、ペンギン、サメなど約620種3万点が飼育。

 

太平洋水槽で泳ぐ巨大なジンベエザメは一番人気です。

 

生き物たちの「お食事タイム」では、迫力満点の姿が見られるので入場前にチェックを!

 

何度訪れても新しい発見がある海の世界を楽しみましょう。

 

カップルやファミリーでの大阪観光におすすめです。

 

スポット名 海遊館
住所 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
営業時間 9:30~20:00(最終入館は閉館の1時間前) ※日によって30分から1時間ほど変動あり
地図を見る

 

なにわ食いしんぼ横丁

大阪観光で食べておきたい!なにわグルメが大集合

大阪グルメが集合する「なにわ食いしんぼ横丁」。

 

大阪の食い倒れグルメと言えば、道頓堀や新世界が定番ですが、ここまで老舗が1ヵ所に集中しているスポットは、ほかにありません。

 

海外からの観光客にも人気が高い粉もんメニューも豊富です。

 

昭和45年に開催された大阪万博直前の下町が再現されており、まるで昭和時代にタイムスリップしたような雰囲気が味わえます。

 

スポット名 なにわ食いしんぼ横丁
住所 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10 天保山マーケットプレース内
営業時間 11時~20時(季節により変動あり)
地図を見る

 

道頓堀コナモンミュージアム

せっかくだもの大阪ならではの体験を!

大阪道頓堀は、グリコのネオン看板や有名店の立体看板が目に飛び込んでくる「くいだおれの街」。

 

その道頓堀のど真ん中にある「道頓堀コナモンミュージアム」は、1日におよそ1万個のたこ焼きが焼かれる人気店です。

 

地下1階にある「たこ焼き道場くくる匠」では、好きな具材を自由に選んで焼く、たこ焼き体験ができます。

 

大阪観光の思い出に、オリジナルのたこ焼きを焼いてみてはいかがでしょう。

 

スポット名 道頓堀コナモンミュージアム
住所 大阪市中央区道頓堀1-6-12
営業時間 たこ家道頓堀くくる 月〜金 11時~22時、土日祝 10時〜22時
サンプル工房「まねき多幸」 月〜金 11時30分〜19時15分、土日祝 10時30分〜19時15分
地図を見る

 

大阪天満宮

天満の天神さんで学問・学芸・恋愛祈願!

大阪天満宮は、古くから大阪人に親しまれてきた「天満の天神さん」。

 

学業成就の神として信仰される菅原道真公が祀られており、入試シーズンには多くの受験生がお参りします。

 

学業はもちろん、恋愛、商売繁盛などのご利益もあるので、「願い玉」に願い込めて投じてみてはいかがでしょう?

 

受験生には、ゲン担ぎのうどんもおすすめです。

 

スポット名 大阪天満宮
住所 大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
営業時間 午前6時~日没(夏期は午前5時30分~)
地図を見る

 

水曜日のアリス大阪店

「かわいい♡」が連発する不思議な世界

大阪心斎橋の片隅にある「水曜日のアリス」は、不思議の国のアリスがモチーフになっているお店です。

 

扉の向こうは、白ウサギに誘われて迷い込んだアリスの世界。

 

店内に施された不思議な仕掛けにワクワクがいっぱいです。

 

こちらは若い女性に人気ですが、小さな子どもも楽しめる大阪観光スポットとなっています。

 

スポット名 水曜日のアリス大阪店
住所 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-12-25朝日プラザ心斎橋 1F
営業時間 平日11時 ~ 19時30分
土日祝10時 ~ 19時30分
地図を見る

 

天満天神MAIDO屋

大阪観光のお土産は、大阪のええもんを!

大阪天満宮のお膝元に店を構える「天満天神MAIDO屋」は、大阪土産が並ぶスーベニアショップ。

 

普通の土産店では手に入らない、レアな商品や手作りの品などに出合うことができます。

 

店内の各商品には、店主の一言コメントが添えられ、作り手の歴史やこだわりの理由を知ることができます。

 

大阪観光のお土産は、大阪のええもんを!お店があるのは、天神橋筋商店街の一角。

 

なにわことばが書かれた提灯が目印です。

 

スポット名 天満天神MAIDO屋
住所 大阪府大阪市北区天神橋2-1-23
営業時間 10:00~19:00
地図を見る

 

かねふくめんたいパーク

入場無料で楽しめる明太子の世界

「かねふくめんたいテーマパーク」は、福岡に本社のある明太子製造販売の老舗メーカー、株式会社かねふくが手がけるテーマパーク。

 

併設の工場では、ガラス越しに明太子の製造作業を見学することができます。

 

試食コーナーでは、大振りにカットされた明太子を食べることも♪炊きたてご飯にのせて、ハフハフしながら食べたい方に、購入も可能です。見て・食べて・買って・遊んで・・・が楽しめる大阪観光地です。

 

スポット名 かねふくめんたいパーク
住所 大阪府大阪市住之江区南港北二丁目1-10
ATCビルITM棟2階 G-1
営業時間 11:00〜18:30
地図を見る

 

大阪たこ焼きミュージアム

たこ焼きの魅力を存分に味わおう!

正統派たこ焼きから工夫を凝らした創作たこ焼きまで。

 

大阪を代表する人気たこ焼き店が集まる「大阪たこ焼きミュージアム」。

 

ソースやダシの香りに包まれる、たこ焼き好きにはたまらない空間です。

 

名店それぞれの代表的な味を食べ比べするもよし!気になるお店のセット商品を食べるもよし!

 

大阪名物「たこ焼き」をトコトン食べ尽くしてみませんか?

 

スポット名 大阪たこ焼きミュージアム
住所 大阪府大阪市此花区島屋6丁目2番61号
ユニバーサル・シティウォーク大阪™ 4F
営業時間 11:00~22:00 ※季節により異なる場合あり
地図を見る

 

上方浮世絵館

海外でも大人気!浮世絵館の魅力に触れて行こう

道頓堀の路地裏。法善寺の門前にある「上方浮世絵館」では、江戸後期から明治にかけて盛んだった上方浮世絵を常設展示。

 

在りし日の道頓堀の風情と、大阪が培った庶民文化を知る貴重なミュージアムです。

 

目印は、猫の絵に浮世絵が描かれた看板。

 

事前に申し込めば、浮世絵制作体験もできます。

 

スポット名 上方浮世絵館
住所 店により異なる
営業時間 店により異なる
地図を見る

 

難波八阪神社

勝運・商運を招く獅子頭で注目の神社

JR、地下鉄難波駅から徒歩10分。

 

街中にありながら神聖な空気に包まれる神社には、ちょっと驚きの建造物があり、SNSなどで話題になっています。

 

それは獅子舞でお馴染みの巨大な獅子頭!

 

その圧倒的な存在感から外国人観光客も多く訪れる、人気の大阪観光スポットとなっています。

 

スポット名 難波八阪神社
住所 大阪府大阪市浪速区元町2-9-19
地図を見る

 

露 天神社(お初天神)

恋愛祈願に美人祈願!大阪観光でご利益をいただこう

梅田・曽根崎の総鎮守として古くから信仰される「露 天神社(通称「お初天神」)」。

 

『曾根崎心中』ゆかりの神社として、恋愛成就・縁結びのご利益を求める女性やカップルに人気です。

 

今や「恋人の聖地」にも選定されるパワースポットですが、実は美人祈願のお宮としても有名。

 

恋のお参りはもちろん、心も姿も美しくなりたい方は是非!

 

スポット名 露 天神社(お初天神)
住所 大阪府大阪市曽根崎2-5-4
営業時間 午前6時~午後11時30分(社務所は午前9時~午後6時)
地図を見る

 

中之島バラ園

美しいバラが咲くスポットで最高の1枚を

都心のオアシスとして大阪市民に親しまれている中之島公園。

 

園内にはバラ園があり、シーズンには約310品種、3,700株ものバラが咲き誇ります。

 

見頃は、春と秋の年2回。 色や形がバラエティに富んだバラを、いろんな角度から眺めてみてください。

 

映える写真も期待できますよ。

 

スポット名 中之島バラ園
住所 大阪府大阪市北区中之島1
地図を見る

 

大阪ワンダーループ

大阪観光の強い味方!効率よく名所が巡れます

梅田や道頓堀、新世界など大阪の主要エリアを遊周する金色のループバス。

 

大阪観光やショッピングに便利な場所にバス停があり、140分ほどかけてキタからミナミを一周します。

 

このバスを活用すれば、絶対に行きたい観光名所はもちろん、今まで知らなかった名所やアットホームな下町などにも行けます。

 

観光コンシェルジュが搭乗しているので、大阪の魅力や旬の情報もゲットできますよ。

 

スポット名 大阪ワンダーループ
住所 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70(「なんばパークス」バス乗り場)
営業時間 9:00~21:00※1日10便運行、イベント開催時は時間・行路変更あり
地図を見る

 

アクアライナー

地上とは違った景色が!船に乗って大阪観光へGO!

アクアライナーは、大阪市内の中心部、大川を周遊するクルーズ船。

 

乗り場は4ヶ所あり、区間乗車も可能です。

 

大阪観光の移動手段としてもとっても便利。

 

スポットごとに流れるアナウンスに耳を傾けて、川面から見る大阪の景色を楽しんでみてください。

 

気になったスポットを、後から地上でまわってみるのもいいですね。

 

スポット名 アクアライナー
住所 大阪府大阪市中央区大阪城2番地
営業時間 10:00~17:00(大阪城港発)60分毎に運行
地図を見る

 

独立行政法人造幣局

お花見を兼ねた大阪観光におすすめ!

「桜の通り抜け」で有名な大阪造幣局。

 

1871(明治4)年の創業から、およそ150年後の現在でも貨幣や勲章などを製造する工場として稼働しています。

 

構内には造幣博物館や貨幣製造の工場など、桜以外の見どころもあり、大阪発展の歴史を今に伝えているスポットでもあります。

 

スポット名 独立行政法人造幣局
住所 大阪府大阪市北区天満1-1-79
営業時間 9時〜16時45分(入館は16時まで)
地図を見る

 

放課後駄菓子バーA-55

大阪の夜に懐かしい~が連発!

梅田の繁華街にあるビルの4階に人気の夜旅スポットがあります。

 

なんとここでは、1時間500円で駄菓子やアイスが食べ放題!

 

好きな駄菓子を抱えて遊べる楽しさは格別♪

 

大阪観光を楽しんだ1日の終わりに、駄菓子を囲んでワイワイガヤガヤしませんか?

 

グループ旅行や女子旅におすすめのスポットです。

 

スポット名 放課後駄菓子バーA-55
住所 大阪市北区太融寺町7-11 フジノビル4F
営業時間 月~木・日:19時~翌1時
金・土・祝前日:18時~翌5時
地図を見る

 

島之内フジマル醸造所

大阪のど真ん中にある都市型ワイナリー

1階にワイナリー、2階にレストランを構え、1階で作られたワインがそのままテーブルに届く珍しい都市型ワイナリーです。

 

1階のワイナリーは、作業中以外ならいつでも見学可能。

 

作業中は2階のレストランからその様子を覗くことができます。

 

自社ワインは量り売りもしているので、お土産にいかがでしょう。

 

スポット名 島之内フジマル醸造所
住所 大阪府大阪市中央区島之内1-1-14三和ビル1F
営業時間 13:00~22:00(LO)
地図を見る

 

手ぬぐい専門店「にじゆら」

大阪観光のお土産にしたい職人技

「にじゆら」は、堺の小さな染工場から生まれた手ぬぐいブランド。

 

注染の技法を用いて職人が手で染めるので同じものはなく、柔らかい色合いに胸ときめきます。

 

作家とコラボレーションしたデザインなど多彩な絵柄が魅力。

 

お土産に選ぶなら、中崎町本店限定の大阪らしい1枚がおすすめです。

 

スポット名 手ぬぐい専門店「にじゆら」
住所 大阪府大阪市北区中崎西4-1-7グリーンシティ1階104
営業時間 11:00~19:00
地図を見る

 

ナレッジキャピタル

子どもから大人まで楽しめる知的創造拠点

グランフロント大阪の北館にある、企業・大学・研究機関、そして一般の参加者が交流、新たなイノベーションを生み出す場。

 

イベントを楽しんだり、ファッショナブルなカフェや個性的なショールームを利用できる楽しい施設です。

 

日本の先端技術も実際に体験できます。

 

スポット名 ナレッジキャピタル
住所 大阪府大阪市北区大深町3-1
営業時間 10:00~21:00(施設により異なる)
地図を見る

 

茶臼山

激戦が繰り広げられた大阪の陣の舞台

天王寺公園内にある茶臼山は、大阪冬の陣で徳川家康が陣を置いたとされる場所。

 

大阪夏の陣では、豊臣方の真田信繁がここに陣を構えています。

 

現在は散策に気持ちのいい公園ですが、戦場跡の碑が激戦の地であったことを教えてくれます。

 

スポット名 茶臼山
住所 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1 天王寺公園内
営業時間 開園時間 9時30分〜17時(5・9月の土日・祝日は18時まで)
地図を見る

 

ミライザ大阪城

おもしろ体験もできる大阪観光の新名所

大阪城公園内にある中世ヨーロッパのお城を思わす歴史的建造物。

 

屋上のルーフトップテラスからは大阪城の天守閣が綺麗に見えます。

 

また地下1階では、刀の使い方や立ち回りを学んだ後、着物に着替えてシーンを演じるという侍や忍者体験もできます。

 

1階のお店で忍者グッズや戦国グッズを購入して、大阪観光のお土産にしては?

 

スポット名 ミライザ大阪城
住所 大阪府大阪市中央区大阪城1-1

 

天神橋筋商店街

楽しみいろいろのなが~い商店街

天神橋1丁目から7丁目まで。全長約2.6kmという日本で一番長い商店街です。

 

食べ歩きにぴったりのお店から、日用品・喫茶店など約600店舗が軒を連ねます。

 

この商店街の魅力は、庶民的で昭和の香りが色濃く残っているところ。

 

コスパが良くて楽しみいっぱいの大阪観光地です。

 

スポット名 天神橋筋商店街
住所 大阪府大阪市北区天神橋

 

国立国際美術館

見る・遊ぶ・考えるが詰まった美術館

中之島にある世界的に見ても珍しい完全地下型の美術館です。

 

主に現代美術を収集、展示していますが、竹の生命力と現代美術の発展と成長をイメージしてデザインされた外観が、とにかく目をひく大阪観光スポットです。

 

建築アートに興味がある方もお見逃しなく!

 

スポット名 国立国際美術館
住所 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
営業時間 10:00~17:00 (入場は16:30まで)
金曜日・土曜日は20:00まで(入場は19:30まで)
※7~9月の金曜・土曜は21:00まで(入場は20:30まで)
※開館時間は臨時に変更する場合があります。
定休日 月曜日
(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日に休館)

 

ご当地グルメ

 

たこ焼き

言わずと知れた大阪を代表するグルメのたこ焼き。

 

たこ焼きの創始者は会津屋の初代・遠藤留吉と言われていて、たこ焼きの前身のラジオ焼きを改良し、明石焼きの影響を受け、1930年代に今のたこ焼きが作られました。

 

たこ焼き一つとっても、大きさや焼き加減、具材やトッピングなどお店によって異なりますので是非食べ比べてみてお気に入りのたこ焼きを見つけてください。

甲賀流 本店

四ツ橋駅より徒歩2分、心斎橋駅より徒歩5分のところにあります。

 

創業40年以上で地元から愛され続けているたこ焼き屋でミシュランにも掲載経験があります。

 

厳選された真ダコと特製マヨネーズが味の決め手で、生地はふわふわしているタイプです。

 

また比較的小粒なため、食べ歩きにも適しています。

 

1番人気のソースマヨは10個入りで400円です。

 

住所 大阪市中央区西心斎橋2-18-4 甲賀流ビル 1F
TEL 06-6211-0519
営業時間 10:20~20:30

大阪アメリカ村甲賀流 たこ焼き

お好み焼き

こちらも大阪を代表するグルメの一つです。

 

重ね焼きの「広島風お好み焼き」に対して、混ぜ型焼きの大阪のお好み焼きは「関西風お好み焼き」という言い方もします。

 

ルーツは明治時代に大阪や京都の駄菓子屋でうどん粉を水で溶き、鉄板で薄く焼いたものにネギなどをのせて、ソースをかけたのが始まりとされています。

 

関西風お好み焼きの元祖は1945年創業の「美津や」と言われています。

きじ 本店

梅田駅から徒歩5分のところにあります。

 

浪速っ子にも人気のお店で大阪でお好み焼きと言えば、ここを指す人も少なくないです。

 

時代のニーズを意識しながら、お好み焼きのベーシックを残していきたいという信念のもと作られたお好み焼きは、じっくり焼かれているためサクッとしながらも、ふわふわの食感を楽しめます。

 

一番人気はとんぺい焼き風のモダン焼きで750円です。

 

女性には鶏肉の入ったとり玉が人気があります。

 

住所 大阪市北区角田町9-20 新梅田食道街 1F・2F
TEL 06-6361-5804
営業時間 11:30~21:30 ※日曜定休日

きじ|新梅田食道街

串カツ

大阪名物の一つで大阪に行ったら食べたくなるご当地グルメだと思います。

 

約80年前から食べられていると言われていて、通天閣で有名な「新世界」を中心に数多くの串カツ屋さんがあります。

 

好きな具材を一本ずつ頼めるところも嬉しいポイントです。

 

ビールと一緒に本場の串カツはいかがでしょうか。

八重勝

動物園前駅より徒歩2分、新今宮駅より徒歩5分のところにあります。

 

新世界で一番人気と言っても過言ではないほどの人気店でいつも行列が出来ています。

 

創業50年の老舗で、薄めの衣と、さらっとしたソースのためしつこくなく、いくらでも食べれてしまう美味しさです。

 

串カツの値段は1本100円から450円まであります。

 

どて焼き(3本)300円も人気があります。

 

住所 大阪市浪速区恵美須東3-4-13
TEL 06-6643-6332
営業時間 10:30~20:30 ※木曜定休日、第3水曜休み

八重勝 [食べログ]

ホルモン焼き

ホルモンは元々捨てる部位であったことから大阪の方言で「放るもん」と言われていたことが語源とされています。

 

そんな大阪はホルモンを食べる文化が昔から根付いています。

 

「ホルモン焼き」もその一つで、甘めのタレに絡めたホルモンを鉄板で焼き、お皿に盛りつけたり、串にさしたりして提供されます。

 

色々な部位が楽しめるのも大阪のホルモン焼きの特徴です。

神戸マッスルホルモン

天満駅より徒歩3分、扇町駅から徒歩5分のところにあります。

 

こだわりのあるホルモン屋で、朝一頭買いした牛ホルモンをその日のうちに処理し、その日のうちに焼くことを徹底しているため、全くクセのないホルモンが頂けます。

 

野菜の甘みのある特製自家製ダレがホルモンをより一層美味しく仕上げます。

 

テッポウ1本230円、丸腸1本290円です。

 

近くに2号店があります。

 

住所 大阪市北区天神橋4-12-12
TEL 06-6353-6290
営業時間 月~木 15:00~23:00
金・土 12:00~23:00
日・祝 12:00~22:15

大阪 天満 ホルモン串焼専門店|マッスルホルモン

うどんすき

大阪府の郷土料理です。

 

関東に比べると薄味でお出汁の効いた上品なうどんが特徴的な関西のうどんですが、こちらの「うどんすき」もお出汁でうどんと具材を煮込んだもので、お上品な味に仕上がっています。

 

短時間で煮込み上げる「鍋焼きうどん」とは異なり、よりお出汁の味を楽しめるお鍋です。

美々卯 本店

淀屋橋駅、本町駅それぞれから徒歩7分ほどのところにあります。

 

「うどんすき」発祥のお店として知られていて、由緒あるお店です。

 

人気の秘密のお出汁は高知のカツオ、北海道の利尻昆布、枕崎のかつお節をブレンドさせた非常にこだわりがあります。

 

そこにハマグリ、エビ、アナゴやお野菜などを贅沢に入れ、メインがうどんということを忘れてしまうほど豪華なお鍋になっています。

 

お値段は少し高めですが、すべての工程をスタッフがやってくださいますので最高に美味しい状態で頂けます。

 

うどんすきコースは一人前5,900円からです。

 

住所 大阪市中央区平野町4-6-18
TEL 06-6231-5770
営業時間 11:30~21:30 ※日・祝休み

麺類日本料理 美々卯(みみう)

大阪寿司(箱寿司)

東京の江戸前寿司に対して、大阪には押し寿司があります。

 

木製の箱に魚の切り身やエビなどを敷きつめ、酢飯をのせて押して、形を整えたお寿司です。

 

大阪では明治時代からアジやサバの押し寿司がよく食べられていて、もてなし料理としてエビやタイ、アナゴなどの高級食材を使用し派生したものが今の箱寿司になったと言われています。

吉野鯗

淀屋橋駅、本町駅それぞれから徒歩5分のところにあります。

 

大阪で箱寿司の定番のお店で少しお値段は張りますが美味しい押し寿司を頂くことが出来ます。

 

大阪鮨が食べられるということで人気もあります。

 

大阪寿司と小鍋仕立て膳が2,800円です。

 

住所 大阪市中央区淡路町3-4-14
TEL 06-6231-7181
営業時間 11:00~13:30 持ち帰りは9:30~15:00 ※土日祝休み

大阪・淀屋橋・船場 箱寿司 吉野寿司

はりはり鍋

大阪をはじめとした近畿地方の郷土料理です。

 

水菜と鯨のお肉のみを使用したお鍋で、水菜のシャキシャキ感から「はりはり鍋」と言われるようになりました。

 

具材は基本的に鯨肉と水菜のみです。

 

鯨の生み出すコクと水菜の程よい苦さが鯨肉の臭みを抑えるため、バランスの良い味になっています。

鯨料理 徳家

日本橋駅から徒歩5分、なんば駅から徒歩8分のところにある鯨料理が頂けるお店です。

 

名物は「はりはり鍋」で、かつお節をたっぷり使用したこだわりのお出汁と鯨の赤身肉は片栗粉をまぶし湯がいてからお鍋に入れるため、スープの旨味を吸収しやすくなっています。

 

1人前3,600円です。他にも鯨のお刺身やベーコンなどの一品料理も人気があります。

 

住所 大阪市中央区千日前1-7-11kamigataビル2F
TEL 06-6211-4448
営業時間 火~金 16:00~22:00
土 14:00~22:00
日・祝 14:00~21:00 ※月曜定休日、4~9月は第4日曜休み

大阪市中央区千日前、鯨料理とハリハリ鍋の徳家

551の豚まん

大阪を代表するグルメの一つで「551」と記載された赤と白の紙袋を見かけたことのある人も多いと思います。

 

チルド商品も豊富でお土産にもおすすめのグルメです。

 

ですが、蒸したての美味しさは格別でふかふかの分厚い皮と肉汁たっぷりのジューシーな肉まんは、手作りにこだわっている蓬莱ならではです。

551蓬莱 本店

なんば駅より徒歩1分のところにあります。

 

本店では、豚まんのテイクアウトやお土産用も購入出来ますが、レストランも併設されているため、本格中華を頂くことも出来ます。

 

名物の海鮮焼きそばと小籠包のセットは1,950円です。

 

ゴマ団子や中華ポテトなどのテイクアウトもあります。

 

住所 大阪市中央区難波3-6-3
TEL 06-6641-0551
営業時間 11:00~22:00 ※第3火曜休み

551蓬莱オフィシャルサイト [ 大阪名物 豚まん・肉まん ]

自由軒のカレーライス

大阪で人気グルメの一つの自由軒の名物カレーライスです。

 

ご飯とルーが混ぜられた状態で提供される自由軒のカレーは見た目のインパクトさだけでなく、味へのこだわりも強いです。

 

カレーですがダシが使用されていたり、カレー本来の味を楽しんでもらうために、具材はタマネギと牛肉のみを使用しています。

 

またカレーに卵をのせたのは日本で初めてと言われています。

 

唯一無二のカレーライスを是非味わってみてください。

自由軒 難波本店

なんば駅より徒歩3分、日本橋駅より徒歩5分のところにあります。

 

懐かしい洋食屋さんの雰囲気で名物カレーが頂けます。

 

一見ドライカレーのようですが、しっとりしていて別物ととらえた方がいいです。

 

卵を混ぜたりウスターソースを少しかけて味変することも出来ます。

 

また食材にもこだわりをもって作っています。

 

名物カレーは650円です。

 

住所 大阪市中央区難波3-1-34
TEL 06-6631-5564
営業時間 11:30~21:00 ※火曜定休日

大阪名物 自由軒の名物カレー【自由軒オフィシャルサイト】

いか焼き

大阪の「いか焼き」はイカをそのまま炒めたものではなく、粉もの料理です。

 

出汁の効いたふわふわの生地とイカの愛称は抜群です。

 

お手頃な価格で、食べやすいサイズ感のものが多いですので、間食におすすめのグルメです。

 

阪神名物 いか焼き

東梅田駅から徒歩1分のところにある阪神梅田本店内にあります。

 

大変人気の商品でいつも行列が出来ています。

 

モチモチの生地とイカのコリコリの食感がたまらない一品です。

 

一つ152円です。

 

卵を一緒に焼き上げたデラックスバージョンのデラパン(206円)も人気があります。

 

住所 大阪市北区梅田1-13-13 阪神梅田本店 B1F
TEL 06-6345-1201
営業時間 10:00~22:00

株式会社 栄食品 / 店舗紹介

どて焼き

大阪発祥のB級グルメです。

 

茹でておいた牛すじ肉をコンニャクなどと一緒にお味噌やみりんで煮込んだ料理です。

 

串にさして提供するお店もあります。

 

じっくり煮込んでありますので、味の染み込んだトロトロの牛すじ肉は絶品です。

 

大阪の居酒屋の定番メニューです。

てんぐ

動物園前駅より徒歩2分、新今宮駅より徒歩5分のところにある新世界で人気の串カツ屋さんです。

 

串カツも大変美味しいのですが、名物とされているのが「どて焼き」で1本100円です。

 

白味噌ベースのタレでじっくり煮込まれたどて焼きは口の中でとろける柔らかさです。

 

お酒との相性も抜群です。

 

住所 大阪市浪速区恵美須東3-4-12
TEL 06-6641-3577
営業時間 10:30~21:00 ※月曜定休日

てんぐ [食べログ]

てっちり

大阪で愛されているフグのお鍋です。

 

高級魚のフグを贅沢に使用したお鍋で、大阪ではフグ鍋のことを昔から「てっちり」と呼んでいました。

 

てっちりは、昆布だしで作られることが多く、淡白なフグのお肉の旨味を引きだしてくれます。

 

ポン酢でさっぱりと頂く方が多いです。

かに福

阪急十三駅より徒歩3分のところにあるカニとフグ料理の専門店です。

 

活気ある店内では質の良い料理を格安で食べられるとあって人気を集めています。

 

「てっちり」は店内の水槽で泳いでいたフグを使用するため、多変新鮮であるにも関わらず一人前1,980円で頂くことが出来ます。

 

カニの一品料理や名物「ヒレ酒」も人気があります。

 

住所 大阪市淀川区十三東3-26-7
TEL 06-6390-0229
営業時間 17:00~2:00(日祝は~24:00)

かに福 (かにふく)  [食べログ]

関東炊き(関東煮)

関西では、関東で言う「おでん」のことを関東炊きといいます。

 

ですが、関東のおでんとは違って、薄口醤油で味付けされた甘めの味付けが特徴的です。

 

また、具材も牛すじやクジラなど関西に馴染みのあるものが入っていることが多いです。

 

今は、コンビニおでんの普及などで、おでんという呼び名は関西でも一般的になりましたが、昔までは関西ではおでんは、味噌田楽のことを指していました。

 

是非関東のおでんとの違いを味わってみてください。

たこ梅 本店

日本橋駅から徒歩5分ほどのところにあります。

 

創業170年で日本一古いおでん屋とも言われる老舗です。名物は「鯨のさえずり」、「たこの甘露煮」です。

 

おでんのお値段は大体一つ150円から400円ほどです。

 

老舗のおでんの味を是非味わってみてください。

 

住所 大阪市中央区道頓堀1-1-8
TEL 06-6211-6201
営業時間 17:00~22:50(土日は15:00~)

日本一古いおでん屋「たこ梅」

かやくご飯

郷土料理の一つで炊き込みご飯のことを指します。

 

「かやく」という言葉は関西の方言で「五目」という意味を持ちます。

 

一般的な炊き込みご飯と違いはありませんが、味付けは関西風の優しい薄口醤油味で仕上がっています。

大黒

大阪難波駅から徒歩1分のところにあります。

 

かやくご飯が頂ける老舗の定食屋さんです。

 

かやくご飯は中サイズで450円です。

 

お出汁が効いた優しく上品な味わいとなっています。

 

お惣菜はどれも素材にこだわっていて、優しい味付けが人気を集めています。

 

住所 大阪市中央区道頓堀2-2-7
TEL 06-6211-1101
営業時間 11:30-15:00 17:00-20:00 ※日・月・祝休み

大黒 [食べログ]

鶴橋の焼き肉

コリアンタウンで知られる鶴橋には韓国料理は勿論のこと、美味しい焼き肉屋さんが数多く集まっています。

 

鶴橋駅を出てすぐの小路に多くのお店がありますのでアクセスも良いです。

 

大阪で美味しい焼き肉を頂きたい方は是非鶴橋に行きましょう。

空 鶴橋本店

 

鶴橋駅から徒歩3分のところにある安くて美味しい焼き肉が頂けるということで人気のある焼き肉屋さんです。

 

こちらのお店は何と言ってもホルモンの種類が豊富で質の良いホルモンを低価格で頂けます。

 

メディアにも多数取り上げられた人気店ですので行列が出来ることが多いです。

 

平均予算は3000円台です。

 

住所 大阪市天王寺区下味原町1-10
TEL 06-6773-1300
営業時間 17:00~23:00(土日祝は16:00~)※火曜定休日(祝日の場合翌日休み)

空 鶴橋本店 [食べログ]

かすうどん

かすうどん

牛の小腸をラードでカラカラに揚げたものを「あぶらかす」と呼び、古くは牛の不要な部位を有効活用するために大阪府南部で考案されたローカルフードです。

 

お好み焼きの具材など色々と食べ方がありますが、うどんの具材に使用する「かすうどん」が代表的なものとして名物になっています。

 

あっさりとした関西系のダシのうどんに、あぶらかすの脂が加わった味わいが魅力。

 

現在は大阪府全域に提供店があり、チェーン店での提供も多いです。

 

脂のまろやかさが心地よさそうで、飲んだ後にも楽しめそうなうどん。

[店一覧] 提供11店舗まとめ記事
[店分布] 大阪府全体で数十店舗
[おすすめ店] めん処 なにわ家 曽根崎本店 – 24時間営業のかすうどん店

 

肉吸い

肉吸い、肉吸いうどん

 

鰹節や昆布などを用いた関西風ダシのつゆに、薄切りの牛肉が入った汁料理。

 

半熟卵や豆腐などが入ることもあります。

 

難波にあるうどん屋「千とせ」が発祥とされ、お客さんが軽めの食事として「肉うどんのうどん抜き」を頼んだのが始まりと言われます。

 

お店をネットで探すと「千とせ」ばかり出てきますが、色々なお店や串カツチェーン店などでも楽しめます。
お酒の後に優しい締めの一杯!

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 大阪市を中心に提供店あり
[おすすめ店] 千とせ 本店 – 肉吸い発祥の代表的な専門店

 

てっさ

 

こちらはフグの刺身です。「鉄砲の刺身」が略されて「てっさ」になったと言われています。

 

大阪ではフグが持つ猛毒に当たると死んでしまうことから、同様に危ないという意味でフグは鉄砲と呼ばれていました。

 

こうした隠語が生まれた背景には、江戸時代のフグ食禁止令があります。

 

猛毒によって多くの武士が亡くなったために発動された禁止令です。

 

禁止令の対象は武士の間だけで庶民は食べることができましたが、大声でフグを食べるというのは憚れたために隠語で呼ばれたと言われています。

 

本来は庶民の食材だったフグが高級魚となったのは、資格を持たなければ調理できなくなったことも影響していると考えられます。

 

ただ割烹料理店などに行かずとも、繁華街をぶらりと歩くだけでてっちりやてっさなどのフグ料理を食べられる店に出会えます。

 

祭り・イベント

 

天神祭り

大阪天満宮「天神祭」

大阪の「天神祭」は東京・神田祭、京都・祇園祭とともに日本三大祭りの一つと言われ、毎年130万人もの人が訪れる夏の都市大祭です。

 

愛染祭、住吉祭とともに大阪三大夏祭りの一つとも言われています。

 

 

天神祭は、大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、毎年、宵宮が7月24日、本宮が翌7月25日に定められ、賑やかに行われます。

 

また、この日までの間に様々な行事が行われ、天神祭ギャルみこしや奉納花火なども天神祭の賑わいをもたらす行事として定着しています。

 

 

祭りの中心は大阪天満宮で祀られている菅原道真公です。

 

市内の繁栄ぶりを道真公の御神霊に見ていただき、さらなる繁栄を祈願するために、氏地を巡行するのです。

 

この巡行で有名なのが、本宮の日に行われる陸渡御、船渡御。

 

特に船渡御は千年以上も前に始まり、大阪とともにその古い歴史を歩んできました。

 

 

水都大阪を代表するお祭りといってもよい「天神祭」は、講社はもとより、多くの人々に支えられながら、紆余曲折の歴史を経て、今日まで続いてきたお祭りなのです。

 

愛染まつり

愛染まつり 宝恵駕籠パレード(2017年)

「愛染まつり」は、古来より天神祭、住吉夏祭りと並んで大阪三大夏祭りのひとつといわれ、大阪市の無形民俗文化財にも指定されている夏祭りで、毎年6月30日・ 7月1日・7月2日の3日間、縁結びと商売繁盛のご利益に篤い本尊・(秘仏)愛染 明王の特別ご開帳(お披露目)がなされます。

 

初日には四天王寺僧侶による疫病退散を祈願する「夏越しの祓え大法要」が勤修されることと、なにより時期的に一番初めの夏祭りということで、待ってましたとばかりに、毎年大勢の方がご参拝されます。

 

また、愛染まつりで、その年の浴衣をおろして着始めるので「浴衣まつり」とも呼ばれ、芸妓さん(現在では愛染娘)がお揃いの浴衣姿でお祭り期間中に出迎えて盛り上げています。

 

住吉祭

住吉祭|Sumiyoshimatsuri

大阪の夏祭りを締めくくる住吉祭は、大阪中をお祓いする「お清め」の意義があり、 古くより「おはらい」ともいわれました。

 

7月海の日に「神輿洗神事」、7月30日に「宵宮祭」、翌日「夏越祓神事・例大祭」、そして8月1日には住吉大神の御神霊(おみたま)をお遷した神輿が行列を仕立て、 堺の宿院頓宮までお渡りする「神輿渡御」が行われます。

 

御堂筋パレード

ディズニーパレード 大阪・御堂筋ランウェイ 2019.11.4 disney parade/japan osaka

1983年に大阪城築城400年まつりと、大阪21世紀計画のプロジェクト立ち上げを記念して開催されたのが始まり。

 

北区中之島・大阪市役所前をスタートし、中央区難波の髙島屋(南海難波駅、南海ビルディング)前までの御堂筋3.3kmを舞台に、大阪府、大阪市やそれらとの姉妹(友好)都市提携を結ぶ海外の都市の代表、並びに大阪府内にオフィスを構える大手企業などが、協賛したフロート(山車)によるパレードやパフォーマンスを展開。

 

大阪の秋を彩る一大祭典として定着している。

 

なにわ淀川花火大会

第31回 なにわ淀川花火大会 2019(4K)

運営委員会はボランティアによって構成されており、地元十三の人々の手作りの花火大会として知られています。

 

比較的歴史の浅い花火大会ですが、もうすっかり大阪の夏の風物詩として定着しています。

 

淀川と梅田の高層ビル群を背景に打ちあがる花火は圧巻です!

 

毎年、テーマに沿った新しい演出が楽しめるのですが、大玉の連続打上、様々なキャラクター花火などに加え、光と音による演出もあり、見どころ満点ですよ。

 

また、オープニングに始まり、フィナーレまで飽きさせない構成となっていて、それぞれテーマが決まっているので、ほかとは一味違う花火大会を楽しめます。

 

OSAKA天の川伝説

関西・大阪21世紀協会「平成OSAKA天の川伝説2015」

この「OSAKA天の川伝説」は、中之島・大川を舞台に2009年から水都・大阪の夜間景観と地域の魅力創出を目的として実施してまいりました。

 

古来から、我が国に伝わる七夕は「疫病退散」をも祈願してきた伝統の行事でした。

 

そんな七夕の夜に、大阪・天満に於いて「いのり星®」が川面に描き出す「天の川」には、この11年間に、皆さまをはじめ延べ56万人が集い、多くの祈りを捧げてきました。
また毎年、生國魂神社と大阪天満宮が合同で八軒家浜にて「安全祈願祭」も開催して参りました。

 

大阪・光の饗宴

大阪・光の饗宴 OSAKA光のルネサンス2018 Festival of the Lights in Osaka

大阪市中央公会堂の壁面を使った光のアート作品を中心に、水都大阪のシンボル・中之島に広がる水辺に光のアート作品が並びます。

 

きらめく光の中でB級グルメや西欧料理が楽しめるフードブースやキッチンカーも登場します。

 

本社を置く企業

 

・キーエンス

・ヤンマー

・日清食品

・クボタ

・サントリー

・日本生命保険

・住友生命保険

・オリックス

・伊藤忠商事

・ダイキン

・日本ハム

・塩野義製薬

・エディオン

・積水化学工業

・カネカ

・竹中工務店

・高島屋

・大同生命保険

・ロート製薬

・アートコーポレーション

・東洋紡

・大和ハウス工業

・大塚食品

・象印

・ユニチカ

・コクヨ

・田辺三菱製薬

・アサヒペン

・グンゼ

・参天製薬

・ミズノ

・江崎グリコ

・ダイドードリンコ

・武田薬品工業

・小林製薬

・鳥貴族

などなど

その他

スポーツ

相撲

タニマチ文化をはじめ、大阪相撲など独自の相撲文化を育んできた大阪。

 

毎年3月には、大阪場所が開催され、会場となるエディオンアリーナ周辺は大相撲一色に変わる。

 

また毎年秋ごろには府内各所で巡業も開催されることや、堺では女子相撲の全国大会も開催され、相撲とは縁が深い。

 

野球

大阪にはオリックス・バッファローズがある。

 

ホームスタジアムは京セラドーム。

 

・応援の雰囲気

若き4番の吉田正尚外野手の「チャンスダンベル」が人気だ。

 

昨年、チャンスの打席に向かう際、ビジョンに流れる「チャンス動画」では吉田正本人が赤いダンベルを持って踊っていた。

 

これが人気を博し、ファンの間では赤いダンベルで応援することがお馴染みに。

 

なお今年のダンベルはマッスルイエローにカラーチェンジしている。

 

・大きな特徴とエンタメ

曲線が多く個性的な形状の屋根は、ドーム内から見上げると迫り出す渦のようになっており、実はフォトジェニックなポイントだ。

 

座席に扇風機がついたエリアもあり、快適さには特筆すべきものがある。

 

また、球界のホームランアーチストたちが5階の上段席に叩き込むいわゆる「5階席弾」は一見の価値ありだ。

 

「Bsオリ達デー」と題して、男性ファンに向けたイベントを行っているのも特徴的だ。

 

今年から「ラリーキャップで逆転だ! #超攻撃型応援開始!」という新しい応援イベントが始まるが、これはアルバースがチームの逆転勝利を願って帽子をひっくり返すおまじない「ラリーキャップ」をしたことがきっかけ。

 

エンタメ方面の柔軟な姿勢が垣間見える。

 

・グルメ

30センチ超の巨大なホットドッグ「いてまえドッグ」が有名。

 

胃袋に自信がある方以外は、仲間とシェアして食べることをおすすめする。

 

毎月新しいメニューが登場する選手プロデュースメニューが充実しており、球場グルメとは思えないこだわりが詰まっている。

 

サッカー

大阪にはセレッソ大阪がある。

 

ホームスタジアムはヤンマースタジアム長居。

 

セレッソ大阪の応援をする場合「ビジターサポーター自由席」以外であれば、どこでも大丈夫です。

 

ゆっくり観戦したいなら指定席。

 

ゴール裏の一体感を味わいたいなら、ゴール裏のホームサポーター自由席。

 

小さいお子さんが居る場合やいきなり一体感は・・・というのならばゴール裏ホームサポーター席でも真ん中から外れると、横で大きなチャントが聞けてテンション上がります。

 

ただ、やはりノリノリで行きたいならホームサポーターの真ん中から少しずれた場所。

 

一緒に飛び跳ねるなら真ん中!!です。

 

バスケ

大阪にはエヴェッサ大阪がある。

 

ホームアリーナは舞洲アリーナ。

 

大阪エベッサは大阪を拠点にB.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームです。

 

日本初のプロバスケットリーグ(bjリーグ)の初代王者でもあります。

 

毎年10月から5月にかけて行われるB.LEAGUEでは全国各地のバスケットボールチームの試合を観戦することができます。

 

「おおきにアリーナ舞洲」で行われる試合では、ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」とのコラボレーションによるインタラクティブなショー体験は必見です。

 

また、ガールズパフォーマンスユニット「BT」は大阪エヴェッサの繁栄を支えるファン・ブースター・チーム、そして試合に「福」をもたらす女神たち「フクムスメ」をコンセプトに大阪エヴェッサを盛り上げます。

 

「おおきにアリーナ舞洲」での試合では、試合の開始前と終了後に、チームラボとコラボした演出が行われています!

 

プロジェクションとムービングライトに加え、トスすると光が変わり、演出に参加できるインタラクティブなボールを使った参加型の体験も必見!

 

客席からランダムに選ばれたお客さんは、コートの中で行われるミニゲームに参加できます。

 

運が良ければプレゼントも!

 

試合終わりには1席の方限定で、選手とのハイタッチ会も開催されています。

※冬の時期はハイタッチ会が行われない場合があります。

 

アリーナ周辺や入り口付近には試合観戦までの小腹を満たしたり、観戦のおともにしたり美味しいグルメが購入できるお店が並びます。

 

グッズを身につけて、食べ物片手に、試合開始を待ちましょう!

 

アリーナ限定メニューもあるかも!?ぜひ探してみてください。

 

音楽

 

・ウルフルズ

ウルフルズ – ガッツだぜ!!

1988年、大阪・中津のインド喫茶「カンテ・グランデ」(通称:カンテG)のバイト仲間、ウルフルケイスケとトータス松本のセッションがきっかけとなり結成。

 

バンド名は、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことに由来する。

 

・大塚愛

大塚 愛 / さくらんぼ

 

自ら作詞・作曲・編曲までを手掛けるシンガーソングライター。

 

15歳から作詞・作曲を始め、自ら制作したデモテープをレコード会社に送り、2003年9月に、シングル「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。

同年12月にリリースした 2nd シングル「さくらんぼ」が70万枚を越える大ヒットを記録し、一気にブレイク!

 

その後、2004年3月に1st アルバム「LOVE PUNCH」、同年7月には「さくらんぼ」の着うたが史上初の100万件ダウンロードの記録達成。

2019年1月にはBEST ALBUM「愛 am Best, too」をリリース。

 

同年4月からは全国11公演「愛 am BEST, too tour 2019~イエス!ここが家ッス!~」を開催。

 

同年7月からは二度目のアジアツアー「AIO PIANO at ASIA Vol.2」を開催。

 

同年9月には日比谷野外大音楽堂にて「LOVE IS BORN~16th Anniversary 2019~」を開催。

 

・シャ乱Q

 

1991年の“NHK-BSヤングバトル”でグランプリを獲得した、つんく(vo)を中心としたポップ/ロック・バンド。

 

90年代初頭、大阪城公園でのゲリラ・ライヴ(後に城天と呼ばれる)で話題となり、92年に「18ヶ月」でデビュー。

 

94~95年にかけて「シングルベッド」「ズルい女」が大ヒット。

 

奇抜なファッションやユーモアのセンス、艶やかな歌謡メロディで注目を集めた。

 

2000年に活動を休止したが、その後たびたび復活ライヴを行なっている。

 

・和田アキ子

 

彼女はかつては本当に素晴しい歌手だった。

 

特に1968年(昭和43年)にデビューした頃の和田アキ子は<待望の和製R&B女性歌手>のように言われていて、実際歌にパンチがあって迫力満点でソウルフルで文句なしのレディ・ソウルだった。

 

・MINMI

MINMI / BEST ALBUM "ORIGIN"より ミュージックビデオ(ダイジェスト)

 

MINMIは5才の頃からピアノを弾き始め、周りの影響からJAZZやSOULなどブラックMUSICに興味を持つようになった。

 

TECHNO、DISCO、HOUSE色んなクラブに遊びに行った10代。

やがて、MINMIは1996年からラバダブショーケースや地元大阪のクラブでのレゲエやヒップホップイベントでマイクを握り始めた。

 

この頃から既にオリジナルトラックを制作しながら作詞作曲を始めていた。

 

ライブ活動を始めてすぐに、現場を盛り上げている女の子がいるらしいという噂で話題になり「RED SPIDER」やその他のアーティストのアルバムにゲスト参加をする。

 

2002年8月に1stシングル「The Perfect Vision」が売り上げ50万枚という快挙。

 

自身が主催する大型野外フェス「FREEDOM」は人気の夏の野外フェスの1つとなっている。

また、夏フェスの女王と称され2015年はフェス最多出演女性アーティストとなった。

歌手活動だけでなく新時代を切りひらく女性として、幅広い世代から支持されており、ファッションや発信するメッセージでも多くの女性に影響を与えている。

 

・MIYAVI

MIYAVI – WHAT'S MY NAME?

元々はヴィジュアル系のような路線で活動していたMIYAVIですが、ある頃から、スラップ奏法というギターにはあまり使わない攻撃的かつパーカッシブな演奏方法で、世界から評価を得ました。

 

サムライギタリストの愛称で呼ばれています。

 

現在は世界を飛び回るアーティストとなっており、最新作には俳優のサミュエル・L・ジャクソンや、同じく世界的ダンサー三浦大知をフィーチャリングした曲が収録されています。

 

また、自身も俳優としてハリウッド映画や人気漫画「BLEACH」の実写版映画にも出演するなど多彩な才能の持ち主です。

 

・SHINGO★西成

SHINGO★西成 / 大阪UP / OFFICIAL MUSIC CLIP (P)(C)2012 昭和レコード

釜ヶ崎の長屋で生まれ育ち、そこで見聞きした体験をソウルフルな「べしゃり芸」で表現するスタイルは唯一無二。

 

地道なボランティア活動により、近年は西成区役所からライブオファーを受けるなど多岐に活躍している。

 

・SAND

SAND-POSER(OFFICIAL VIDEO)

 

SANDは、MADBALLやSICK OF IT ALLなどに代表される”ミッドテンポでヘヴィーなビート”や”メタリックなリフ”といった特徴をもつニューヨークハードコアに衝撃を受け、1999年に結成。

 

2004年ごろから活動が活発になり、次第に国内だけではなく、アメリカを中心とした海外ツアーも行うようになる。

 

そして、2010年にはマンハッタンで開催されたニューヨークハードコアの祭典「B’N’B BOWL」、2011年にはアメリカ東海岸の大規模フェス「EAST COAST TSUNAMI FESTIVAL」への出演を果たす。

 

その一方で、MADBALLやNEXT STEP UPといった海外の大物ハードコアバンドを日本へ積極的に招聘するなど、シーンの活性化に貢献している。

 

そんな彼らの活動の象徴となるのが、2002年から続く西日本最大のインディペンデントフェスティバル「FREESTYLE OUTRO’」の主催。

 

国内外のハードコア / パンクバンドやヒップホップアーティストが多数出演し、2011年開催の「FREESTYLE OUTRO’ 8」では、なんと4000人超の動員を記録した。

 

・NMB48

【MV】ドリアン少年(Dance short ver.) / NMB48[公式]

 

秋元康氏プロデュースのNMB48は大阪・なんばを基盤に地域密着をテーマにした「会いに行けるアイドル」!

 

 

美術

 

・須磨対水

 

・田村孝之介

 

・寺内萬治郎

 

・野口小蘋

 

・村上華岳

・藪明山

・吉原治良

・生田花朝女

・大久保作次郎

・岡田半江

・木谷千種

・小出楢重

・佐伯祐三

・佐竹徳

 

ファッション

 

大阪コレクション

大阪コレクションneo TERUAKI TAKAHASHIステージ

 

バッグンナウン

続いておすすめの大阪発のファッションブランドショップは「バッグンナウン」。

 

デザインから縫製まで製作過程のすべてを日本で行い「メイド・イン・ジャパン」の信頼にこだわる鞄を造っているメーカー。

アパレルブランドから独立しただけあり、色も形も様々で使いやすいようなちょっとした工夫があちこちに見られます。

ちょっとした場所にファスナー付きのポケットがあったり、持ち手部分に補強がされるなど普段使いだからこそうれしい心遣いが感じられます。

 

男女共に使えるデザインが多く使うほどに味が出る素材も魅力の一つになっています。

 

バッグンナウン

大阪府大阪市浪速区難波中2-10-7なんばパークス3F
06-6556-6599
11:00~21:00
不定休

 

菱屋カレンブロッソ

3番目におすすめする大阪発のファッションブランドショップは「菱屋カレンブロッソ 谷町本店」。

 

大正15年の創業の老舗履物メーカー。

 

培った「和」の感性・技術に、「洋」の機能性・ファッション性をミックスした「洋風和装」をコンセプトに雑貨をつくっています。

 

職人が一つ一つ丁寧に心を込めてつくった履物は丈夫で足になじみ、痛くならないのも特徴で、風合いのあるデザインが人気です。

 

トレードマークのしまうま柄を取り入れた鞄や財布などの小物もあり普段の生活に気軽に「和」を取り入れることができます。

 

浴衣用に開発された鼻緒サンダルや男性用の雪駄などの「カフェぞうり」はいろんな柄や色がありお好みでオーダーも可能です。

 

菱屋カレンブロッソ 谷町本店

大阪府大阪市中央区谷町6-18-5
06-6191-5232
11:30〜19:30
水曜日、日曜日、盆時期、年末年始
http://www.calenblosso.jp/

 

にじゆら

4番目におすすめする大阪発のファッションブランドショップは「にじゆら 中崎町本店」。

 

昔ながらの染技法を最大限に生かしながら今の時代にあう手ぬぐいをてがけるメーカー。

 

デザインや色使いもかわいくて使うほどに柔らかさが増し肌触りがよくなりアジがでる風合いが人気で、手ぬぐいの端はきりっぱなしにされているため乾きが早くいつも清潔に使えます。

 

最近の「和」のブームもありお気に入りの柄や季節の花などをあしらった手ぬぐいを額に入れて飾ったりカフェカーテンのようにして使うのも人気があり、風呂敷のように手土産を包んだりと日常の様々なシーンで使えます。

 

にじゆら 中崎町本店

大阪府大阪市北区中崎西4-1-7
12:00〜19:00
不定休
http://www.nijiyura.jp/hpgen/topmenu.html

 

アランジアロンゾ

最後に紹介する大阪発のファッションブランドショップは「アランジアロンゾ南船場本店」。

 

うさぎやくま、かっぱなど肩の力が抜けるような癒し系のかわいいキャラクターが人気のお店。

 

文房具や雑貨、食器、小物などを扱っており子供だけでなく大人にも人気があります。

本店でもある南船場店は品揃えも豊富で限定のエコバックやTシャツなどがありお土産にもおすすめです。

 

店内はそんなに広くはありませんがかわいくディスプレイされているのでゆっくり商品を眺めてしまうそんなお店です。

 

アランジアロンゾ南船場本店

大阪府大阪市中央区南船場4-13-4
11:00〜19:00
なし
http://www.aranziaronzo.com/shop/index.html

 

演劇

歌舞伎

新作歌舞伎『NARUTO-ナルト-』絶賛上演中!!

大阪上本町にある新歌舞伎座は歌舞伎、演劇、ミュージカル、歌謡ショーなど数多くの舞台を楽しめる大衆劇場です。

 

新喜劇

よしもと新喜劇 伊賀健二 新幹線(辻本 安尾 烏川)

吉本興業の総本山・なんばグランド花月で、いつ来ても人気芸人が出演!漫才、落語、吉本新喜劇が観れる!

 

夜公演は企画ライブ、料金割安な公演、単独ライブなどなどもあります。

落語

桂福丸 演目 「道具屋」

上方落語唯一の寄席「天満天神繁昌亭」。

 

2006年9月の誕生以来、大阪の新名所として、落語を中心に、漫才、俗曲などの色物芸の興行が連日執り行っております。

 

昼は週替わり、夜は日替わりでベテランから若手までが登場します。

 

その他

『Frankenstein』2020PV【舞台映像Ver.】

梅田芸術劇場は、メインホールとシアター・ドラマシティの2つの劇場があり、演劇・ミュージカルからクラシック・オペラ・バレエまで様々な演目をお楽しみいただけます。

 

大阪のお土産

 

【2020最新・大阪】ほんまにおすすめ!大阪の定番&トレンドお土産24選
美味しいグルメの宝庫として知られる大阪。お土産もとびきり美味しくてインパクトのあるものを持って帰りた~い!という方にとっておきのお土産をご紹介します!※店舗により価格が異なる場合があります。また、販売店として紹介している店舗以外にもお取り扱いがある場合がございます。詳しくは各ホームページをご確認ください。

 

【大阪府】2020年人気お土産ランキング32選♡おしゃれ雑貨やスイーツ、お菓子など
お笑いとグルメを愛する街・大阪。駅や空港で買えるお土産にももちろん美味しいものや個性的な雑貨がたくさんあります。絶対に喜ばれるお土産を買って帰りたいですよね!そこで、大阪人がおすすめする定番&人気の大阪お土産をランキング ...

 

【2020】大阪お土産12選! お菓子を中心に定番から流行りの商品まで | トラベルマガジン
2025年に「国際博覧会」の開催が決定した大阪は、国内外の観光客が集まる活気あふれる街。今回は、旅行に行ったら買いたい・買ってきて欲しい「大阪お土産」をご紹介します。食いだおれの街ならではのラインアップをご覧ください!

 

女性が喜ぶ大阪土産。地元民おすすめの15選をジャンル別に紹介♪
たこ焼きやお好み焼きなど、美味しいグルメが充実している大阪は、お土産も美味しいものばかりで種類が豊富。そのうえお洒落で可愛いものも多いんです♡女友達に渡せば、きっと喜んでくれるはず♪今回は大阪で女性に喜ばれるおすすめお土産を15つ紹介します。相手に合わせて商品を選んでみてくださいね。

コメント