手法だけでFXは勝てない?大切なのは『相場分析力』を養うこと

未分類

さて、今回はFXトレーダー永遠の謎「同じ手法を使ってるのに勝てる人と勝てない人の差」をテーマにまとめていきます。

 

 

「○○さんと同じインジケーター、手法を使っていたのになかなか勝てませんでした。」なんてことよくありますよね。

 

 

こういった悩みを抱えている方々が「多い」という事実に、改めて気付きました。

 

 

そこで今回のFXブログでは、FXトレーダー永遠の謎「同じ手法を使って勝てる人とそうでない人の違い」について書かせていただきます。

 

同じ手法を使っているのに勝てない原因やその解決策、FXで勝ている人の考え方等を順番にお話していくので良かったら参考にしてみてください。

 

【原因編】勝てない人は「FX手法」にこだわり過ぎている

 

 

勝てないトレーダーさんを見てきましたが、なかなか結果が出せないという方には1つの共通点があります。

 

それは、「手法にこだわり過ぎている」ということです。

 

 

とりわけ、手法の中で使われているサインに並々ならぬこだわりを持っている方が多いですね。

 

例えば、FX手法の中には”ラインにタッチ、ラインをブレイク、ラインのクロス”といった様々なサインが存在します。

 

 

こういったサインはFXの参考書やネットなどでもよく目にしますし、「このサインが出たら買い」とか「このサインが出たら利確」といったモノが多いので、この記事を読んでいる方の中にも、すでに実践している方がいるかもしてませんね。

 

ちなみに、私も昔はネットや本に書かれている手法やサインを片っ端から試していたクチで、その経験の中で培ってきたノウハウは今も私のFX手法の中で活かされています。

 

 

ですので「サインはFXで利益を稼ぐために欠かせないトレードノウハウの1つ」であることに間違いありません。

 

しかしサインだけを実践しても、ほとんどの場合は勝率アップにつながりません。

 

なぜかというと、FXの手法で使われるサインには通用する相場・通用しない相場があるので、「このサインが出たらエントリー」とか「このサインが出たら利確」という、サインに頼ったトレードでは通用しないからです。

 

自分がブログで相場状況の判断方法について口酸っぱく、触れてきた理由もそこにあります。

 

サインは通用しない

 

まぁ、、、、そもそも「今自分が持っている知識だけで戦って行かなければならない」という限られた状況の中では、どうしてもサインに頼りがちになってしまうものなんですけどね。

 

私も昔はそうでしたし。

 

がしかし!

 

いつまでもサインばかりを頼っていては勝ち組の扉は開けません。

 

そう!!勝ち組と呼ばれるトレーダーを目指すには「サイン」というパターン化されたトレードから脱却しなければならないのです。

 

なので、これまで「手法のサイン」を頼りにトレードをしてきた人は、ここらでいっちょ「脱・サイン」を目指してみようじゃありませんか。

 

チャート画像を使った具体例を元に解説していきますので、じっくりと読み進めてみてください。

 

 

【解決編】勝利のカギは「戦う相手を分析する」こと

 

 

さて、いきなりですが「脱・サイン」を目指すための方法、その確信を付くキーワードをご紹介します。

 

それはスバリ分析力です。

 

FXでもゲームでもそうですが、戦う相手の特性・能力・動きのクセを知らずにいきなり挑んでも、よほどのザコキャラでない限りまず勝てません。

 

 

また、FXでもゲームでも自分の前に現れる相手は多種多様です。

 

 

なので、相手の種類に応じてコチラも武器&戦略を変えて挑まなければ、勝ち続けるどころか負け続ける可能性の方が圧倒的に高くなります。

 

 

戦う相手は多種多様

 

 

もうちょい詳しく解説してみましょう。

 

まず、アクション系(敵と戦うタイプ)のゲームでは、自身が主人公キャラを操作して、ぞくぞくと現れる敵キャラをペチペチ倒していくという展開になります。

 

まぁ、序盤は特に問題無くサクサク進められますが、ゲームを進めていくうちに他とは違う特性や能力を持った新たな敵が続々と出現していきます。

 

 

これまでとは違うタイプなので、もちろん同じ武器&戦略は通用しません。

 

ですので、そこで主人公(自分)に求められるのは「敵のタイプに合わせた武器&戦い方」です。

 

 

「火属性の敵には水属性」
「飛ぶ相手には遠距離攻撃」
「おすぎにはピーコ」
といった感じですね。

 

 

このように、ゲームを攻略するには戦う相手の属性(タイプ)・特徴・動きのクセを分析し、相手に合わせていかに武器や戦略を使い分けることができるか?で結果が左右されます。

 

 

そして相手に合わせて武器&戦略を使い分けるためにも、まずは相手を分析しなければなりませんよね?

 

 

なので、ゲームを攻略するには「より高い分析力」が求められるわけです。

 

 

相手を攻略する高い分析力

 

 

これはFXでも同じで、勝てるトレーダーというのは相場に合わせて持っている武器(手法・サイン)&戦略を使い分けるのが上手なんです。

 

 

逆に言うと、使い分けが上手なのであって、そこまで特別な手法やサインを使っているわけでもないのです。

 

 

つまり、脱・サインを目指し、より良い成績を残すには「優れた手法・サイン」を身につけるのではなく、「より高い相場分析力」が求められるのです。

 

 

ちょいとゲームネタ多めになってしまいましたが、なんとなくイメージしていただけましたか?

 

 

では次に、もっとイメージしやすくする為に実際のチャートを使って解説してみましょう。

 

【実践編】実際の相場を見ながら「戦い方」を考えてみよう

 

 

まず、私のFX手法には、トレンド相場の押し目買い・戻り売りを移動平均線の反発で狙うという方法があり、この時使われているサインは「デッドクロス」「移動平均線まで戻ったらエントリー」「レジサポライン抜け」など、様々なモノがあります。

 

しかし、例えば「移動平均線まで戻ってきたらエントリー」という手法の中のサインだけを切り取ってトレードしてしまうと・・・

 

 

【サイン:移動平均線まで戻ったらエントリー】
サイントレードで損切り

ご覧の通り。

 

 

エントリーしてからものの数時間後には損切りオワタ。

 

下クチビルを噛み締めながらPCを真っ二つにヘシャげたくなるような気持ちに苛まれてしまいます。

 

では、なぜこうなったかというと・・・

 

そもそも「移動平均線まで戻ってきたらエントリー」というサインは、トレンド相場でのみ効果を発揮します。

 

しかし、画像のチャートでは移動平均線100が横ばいで推移していることからも、どちらかと言うとレンジ相場です。

 

 

そもそも移動平均線はトレンドの勢いを見るインジケーターですので、移動平均線が抵抗帯として意識されるのはトレンド相場のみで、レンジ相場では意識されません。

 

 

【分析力があれば回避出来る】
分析力で回避できる
このように、その時の相場を事前にしっかりと分析出来ていれば”ここはエントリーするべきではない”もしくは、”押し目買い(戻り売り)は通用しない”という判断ができるのです。

 

では次に、同じサインだったとしてもしっかり相場状況を正しく認識しているとどうなるか?

 

 

こちらのケースも見てみましょう。
【サイン:移動平均線まで戻ったらエントリー】
分析を元にしたサイントレード

 

 

この相場状況を確認していくと、移動平均線100と50,20のデッドクロスの後、移動平均線は全て下を向き、下降雲を形成しており明確な下降トレンドであると判断出来ます。

 

また、上記の状況から「トレンドの勢いが強い」ということが分析できますので、「この相場で戻り売りを仕掛ければ利益ゲッツの確率は高い!」ということもわかりますね。

 

ですので、この相場ならば「移動平均線まで戻ってきたらエントリー」というサインを活かすことができそうです。

 

【サイン:移動平均線まで戻ったらエントリー】
分析したサイントレードで利益ゲット

 

 

もらった!!

 

 

ご覧の通り、その時の相場状況をしっかりと分析できれば、相場に合せた手法・サインを導き出すことができるようになり、おのずとトレードの制度も高まるのです。

 

ちなみに今紹介した例は超・基本的な分析で、リアルタイムの相場ではもうちょい複雑な分析や戦略の建て方が必要になりますが、考え方は同じです。

 

 

「相場(戦う相手)を徹底的に分析し、状況に合わせた戦い方(手法・サイン)を選ぶ」

 

 

これが、FXで勝っているトレーダーに共通する考え方です。

【まとめ】分析力が備わり、初めてFX手法(テクニック)が活きる

 

さて、ここまでお話した通り、相場を分析する力という本質的なスキルが備わって初めて手法(テクニック)が活きるようになります。

 

 

やはり基礎・基本を無くして、相場で息の長ーい活躍は出来ませんからね。

 

今回はゲームネタ多めになってしまったので、ゲームに馴染みの無い方にはちょっとイメージしにくかったかもしれませんが、、、、、まぁ、、、、、そういう方はゲームやってみて下さい。

 

オススメは「ポケモン」か「MHW(モンスターハンターワールド)」ですよ。

 

話をFXに戻します。

 

 

FXの参考書や教材、Webサイトでは「勝てる手法・サイン」に特化した情報が非常〜に多いですが、そういったモノには必ず「通用する相場・通用しない相場」が存在します。

 

 

 

相場状況に合わせて柔軟に対応する考え方を身に付けていくことが必要になります。

 

「手法云々よりも、まずは戦う相手を知る」って感じですね。

 

勉強の仕方・順番には個人の好みもありますので、あくまでもご自身のペースに合せて進めていただければOKなのですが、「FXでなかなか成績が伸びない」とか「本やネットの内容では上手くいかない」という方は、何よりも相場(戦う相手)を分析する力「相場分析力」を鍛えましょう。

 

 

それが、勝ち組トレーダーへの近道だと私は思ってます。