日本GDP27.8%減で、戦後最大の下げを記録

未分類

内閣府が2020年4-6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表しました。

 

予想-27.2%に対して、結果-27.8%と予想より悪かったです。

 

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて、日本経済は壊滅的な打撃を受けており、これまで過去最大の落ち込みだった金融危機直後の2009年1-3月の年率-17.8%を超える最大の落ち込みを記録しました。

 

4-6月期が過去最大の落ち込みとなった主な要因は、日本政府が緊急事態宣言を発令したことにより、飲食や小売、レジャー・娯楽、旅行関連のサービス業の営業が制限されたことで、個人消費が消滅したためです。

 

また、感染危機の拡大と世界経済の先行き不透明感から、企業が設備投資を見送っていることに加えて、個人が減給や失業を恐れた住宅を買い控えていることもGDPを押し下げました。

 

GDPのマイナス成長は、消費増税による駆け込み需要の反動が出た2019年10-12月期以降3期連続で、GDPの年率換算の金額は485兆円と、2012年10-12月期以来、7年半ぶりに500兆円を割り込みました。

 

さて、7-9月期のGDPは年率+10%を超える高い伸びが予想されています。

 

 

これは、コロナショックによる反動がそれだけ大きなものになることが予想されるからです。

 

【日本:新規感染者数】
2

日本の新規感染者数の推移を眺めると減少傾向にありますから、感染危機は収束の兆しを見せています。

 

もちろん、秋以降再び感染が拡大するのでは?との懸念があるので、感染拡大が予想外に続けば経済の低迷も長引く恐れがありますが、今のところは経済と株価の回復が期待できます。

 

【日経平均株価:週足】
3

 

日経平均株価は2万0300円~2万4100円の間でボックス相場を形成していますから、2万4100円のレジスタンス(上値抵抗線)を上にブレイクアウトすることができれば、日本株は一段高が期待できます。