ローソク足

未分類

今回の記事では・・・

「ローソク足の形を分析し、相場の流れを読む」

ということにフォーカスして、相場分析の基本ツール「ローソク足」について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

一見すると、複雑な動きをしているように思える相場、

しかし、みなさんが想像しているよりも
はるかに相場が動く仕組みというのはシンプルです。
一言で表すなら、ある通貨を買いたい人と売りたい人の需要の変動やバランス、

 

つまり・・・
為替相場には投資家の心理が反映されているんです。

 

だからこそ、投資家たちが相場の中で
「何に注意しながら、どんなことを考えているのか?」
ということを読み解くことができれば・・・

 

・今後の相場の値動きが上がるか、下がるかの予測を立てる
・現在の相場が利益を上げるチャンスなのか見極める

 

なんてことが出来るようになるのです。

 

そこで、今回の記事ではチャートツールに表示させているローソク足の見方から投資家たちの微妙な心理状態を読む方法について、イチからじっくりと解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

そもそも、ローソク足とは何?

 

ローソク足とは・・・

その1本で、ある一定期間(1分・1時間・1日などなど)の中で
「相場がどういう値動きをしたのか?」

ということを一目で把握することが出来るツールです。

 

なぜローソク足を見ることで、相場の値動きを知ることが出来るのか?

というと、このローソク足1本分から相場の値動きを把握するために
必要不可欠な4つの基本情報を読み取ることが出来るからなんです。

 

 

 

4つの基本情報

1. 始値:(ある一定期間の)始まりの価格
2. 終値:(ある一定期間の)終わりの価格
3. 高値:(ある一定期間の)1番高い価格
4. 安値:(ある一定期間の)1番低い価格

 

つまり、ある一定期間内に相場がどの価格まで
上がったのか(or下がったのか)、という細かい値動きを
たった1本のローソク足から、簡単に読み取ることが出来るのです。

 

ローソク足の形から投資家心理を読みとろう

 

為替相場の値動きとは、ある通貨を買いたい人と売りたい人の
それぞれの需要の変動やバランスが大きな影響を与えていて
その通貨に対する需要が大きくなれば
それに合わせて通貨の価値も上がっていきます。

 

簡単に言えば、あるブランドもののお財布が欲しい人が多ければ
それに合わせて、段々と値段が釣り上がっていくのと原理は一緒です。

 

したがって、次の為替相場の値動きを予測するためには
このような投資家の需要の変化やバランス(=投資家心理)を
簡単に読み取ることができるローソク足を理解することが欠かせないんです。

 

このローソク足の形や特徴からは、為替相場に参加する投資家の
強気な姿勢・弱気な姿勢・心変わり
という3つの心理状態を読み解くことが出来るんです。

 

ここでは、この3つの投資家心理を
ローソク足の形や特徴から読み解くことで
実際のトレードで、どのように活かしていくことが出来るのか?
について順番にご紹介していきたいと思います。

 

 

強気な姿勢は、大陽線と大陰線に現れる

 

これから相場が上と下どちらに向かうのか?
トレードでは、こういった相場の方向性がはっきりしていると
多くの投資家たちもその相場の動きに便乗することが多いため
一般的には仕掛けるチャンスだと言われています。

 

そんな投資家の強気な姿勢を表しているのがこれらのローソク足たちです。

 

 

大陽線と大陰線は、買い・売りの方向性こそ真逆ですが
「相場の勢いが一方的に傾いている」という共通の特徴があります。

 

つまり、これらのローソク足が現れている時は
相場の中で、投資家の注文が「買い」か「売り」
どちらかに集中している状態なのです!

 

実際の相場でも、多くの投資家たちが
この勢いに便乗していこうとする心理状態が現れていて、

 

 

この画像からも分かるように、大陽線・大陰線のローソク足からは
強い相場の勢いを読むことが出来ることから
多くの投資家たちも
『この大波には、迷わず乗っかっていくぜ!』
と言わんばかりに積極的に仕掛けていく傾向にあるため
その後も同じ色のローソク足が続くことが多くなりますので
皆さんもこの大波に出くわしたら、積極的に乗っかっていきましょう。

 

弱気な姿勢を表す小陽線・小陰線は、見守りサイン

 

トレードでは基本的に市場が開いている時間であれば
常にトレードを仕掛けていくことはできますが
闇雲にトレードしていても、利益を上げることは難しいです。

 

利益を上げていくためには、いま仕掛けるべきか否か
仕掛けるポイントを見極めていくことが必要なため
時にはこれから相場が上・下どちらの方向に向かっていくのか
相場の方向性が定まるまでは、グッと堪えて見守ることも大切です。

 

そんな投資家たちの弱気な姿勢を表しているのが
これらのローソク足たちです!

 

 

こうした中途半端なローソク足が現れている時は
買いと売りの勢いが拮抗しているという見方ができるので
相場の方向性がまだハッキリと定まっていない状態です。

 

実際の相場では、特に指標発表など大きな相場の値動きの前に現れることが多く
ローソク足の動きを見てみると、投資家たちの慎重な一面が現れています。

 

 

画像からも分かるように、これらのローソク足だけで
今後、相場が上・下どちら方向に向かう可能性が高いのか
という相場の流れを見極めるのは難しいです。

 

下手に手を出すと、画像のような
大きな値動きに巻き込まれるリスクがあるため
無理に行動は起こさずに、相場を見守っている投資家が多いです。

 

ちなみに相場の中には、小陽線・小陰線以外にも
投資家の弱気な姿勢を示しているローソク足は多数あります。

その中でもよく知られているのが、こちらのローソク足です。

 

 

これは十字線といって、ある一定期間の中で相場の始値=終値の場合
要するに、投資家たちの買いと売りの注文が
トータルでまったく同じだったときに相場に現れる
個性的な形のローソク足です。

 

この十字線が現れているときも、小陽線・小陰線の時と同様に
相場の方向性がハッキリと定まっていないことを表しているので
これらのローソク足が出ている時は、無理に注文を入れずに
相場状況が変わるまではじっーと見守っています。

 

 

投資家の心変わりは、長ーいヒゲで見極める

 

トレード初心者さんが、ついやりがちなミストレードとして
高値掴み・安値掴みというトレードがあります。

 

「高値掴み・安値掴み」とは、相場の高値・安値付近などで
それまでの相場の強い勢いが、今後も継続すると勘違いして
順張り(今後も同じ方向に相場が進むと予想すること)で仕掛けてしまうが
気が付くと、相場の流れが真逆の方向に進んでいき
結果として、含み損を抱えてしまう現象です。

 

実際の相場で、その動きの一部始終を見てみると、、、

 

 

特に相場の高値・安値付近というのは、この画像のような
これまで進んでいた方向とは真逆の方向に進んでいく
「相場の転換」という不思議な現象が起こりやすいポイントなんです。

 

一見すると、相場の転換は
まるで投資家たちが心変わりをしたかのように
唐突に起きているようにも感じるのですが
実はこういった怪奇現象を
事前にお知らせしてくれるローソク足がいるんです!

 

 

このような立派な『ヒゲ』が形成されているローソク足が
高値・安値付近に現れた場合には
買いと売りの勢いが逆転しているという見方ができるため
今後は相場の方向性が反転する可能性が高い
という予測を立てることが出来るのです。

 

何も知らないまま、相場の転換が起きると
あたふたしてしまうこともあると思いますが(笑)
投資家たちがこの後心変わりすることを
事前に把握していれば、ここでの対応は大きく変わってきます。

 

 

画像のように、ヒゲを生成したローソク足が高値・安値に現れた
ということを相場の流れが変わる『転換点』を事前に知っていれば
あとはタイミングを図って、逆方向に仕掛けていくことで
利益を出すことも出来るようになります!

 

また転換ポイントの前で、ポジションを保持しているのであれば
相場の転換ポイントまでにポジションを確定させてしまえば
損失を出さずにがっぽりと利益を獲得することも出来るのです。

 

このように相場の転換点を、事前に把握することができれば
ピンチをチャンスに変えていくことができるのです。

 

こうした相場の転換点のチャンスをがっちり掴むためには、
「ヒゲの長さ」に注目することが大切です!

 

なぜ「ヒゲの長さ」が大切なのかというと
たとえば「ヒゲ」の長さが、もの凄ーく長いローソク足があった場合・・・

 

 

↑↑↑現実の相場では、上昇トレンドの終わり際などにしばしば現れます。

 

このローソク足からは相場の中で、買いと売りの勢いが
大きく逆転しているという見方ができるので
それ以降のローソク足から相場の流れが
反転する可能性が高くなることが予測出来るのです。

 

こうしたローソク足の特徴を把握することで
トレードを有利に進めていくことが出来ますし
さらに、ここに的確なテクニカル分析が加えたらどうなってしまうのか・・・

 

無双、まさに無双です( ゚Д゚)!

というのは半分冗談ですが(笑)

この基本的なヒゲの形や特徴を相場で読むことができれば
普段のテクニカル分析の精度が
グンッとアップすることは間違いありません!

コメント