「レジスタンス・サポートライン」の引き方

未分類

レジサポラインというのはある一定の価格が抵抗帯になって、値動きがそのラインで反発しやすくなる「相場の節目」のことです。

 

つまりレジサポラインを見極められるようになることで・・

 

ここで跳ね返える可能性が高いから、いち早くエントリー!

ここが抵抗帯になりそうだから、最大限利益が乗ったところで決済!

 

といったように、ラインが示す相場の節目を起点として、値動きの初動を捉えたエントリーや決済をすることができるのです。

 

しかも、難しいインジケーターなどは一切不要!

 

シンプルかつ強力な武器になってくれますので、ぜひ日々のトレードに役立ててもらえればと思います。

 

レジスタンスライン・サポートラインとは?

 

「レジサポライン」という言葉を初めて聞いた方にとっては、何のこっちゃ分からないと思いますので、まずは1つずつ解説していきます。

 

レジスタンスラインサポートラインとは、別名、「上値抵抗線」・「下値支持線」と呼バレてます。

 

その名の通り上方向や下方向への値動きに対する抵抗となって、上昇・下降の勢いを抑えたり、支える価格帯のことを言います。

 

この2つを合わせて通称「レジサポライン」と呼ばれています。

 

レジサポラインは「相場の見えない壁」をイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

まるで上下の壁に挟まれたスーパーボールのように、価格が跳ね返っているのが、お判りいただけると思います。

 

では、なぜ上の画像のように、同じようなところで上昇・下降の勢いが抑えられて、反発するような値動きになるのかというと、レジサポラインの正体は投資家たちが意識しやすい価格帯だからです!

 

 

どういうことかというと、相場に参加している投資家たちは「過去の値動き」を参考にして・・

 

 

といったことを考えています。

ですので、過去に高値・安値から明確に反発した価格帯というのは

ここで再び値動きが抑えられ、反発するのではないか?

といったように新規エントリーや決済の目安として、投資家たちに意識されがちなのです。

 

【ここでクエッション!】

たとえば、ドル円相場が過去数年間ずーっと100円で上昇が抑えられ反発していたら、投資家たちはどう考えるでしょうか?

 

過去の値動きからは、100円を超えて上昇することがあまり期待できないので

これからポジション持つことを考えている人なら
100円まで上がってきたら売りでエントリーしたいな」とか、

買いポジションを持っている人なら
100円あたりまで上がったら、買いポジション決済(売り)だ!

みたいなことを多くの投資家たちが考えそうですよね?

 

 

こうして100円付近の価格帯まで上昇して近づいていくと、売りたい人が多くなり、勢いが売りに傾き、反発するように下落していって、レジスタンスラインが形成されていくわけです!

 

ただ、レジサポラインでいつまでも反発が続くわけではなく、重要な経済指標などをキッカケに値動きに勢いがつくと、抵抗帯で抑えきれず、突破されることも当然あります。

 

そうすると今度は不思議な現象が起こるのです・・・

 

レジスタンス・サポートラインは
「ブレイク」をキッカケに入れ変わる!?

 

レジスタンスラインを明確に上抜けたり、サポートラインを明確にした抜けたりすることを「ブレイク」や「ブレイクアウト」と呼びます。

 

このブレイクが起こると・・

レジスタンスラインサポートラインになったり

サポートラインレジスタンスラインになったり

と、お互いの役割が入れ替わることがあるのです。

 

 

 

例えるならば主人公とヒロインが勢いよくぶつかって、お互いの頭の中や性格が入れ替わっちゃう「王道ファンタジー」のような感じですね。

 

こうした漫画やドラマと似たような現象も、市場に参加している投資家たちの心理状況の変化が起こしているのです。

 

先ほどの画像を今度は値動きに注目して見てみましょう。

 

 

①のポイントで、過去に何回も上値が抑えられているレジスタンスラインを明確にブレイクすると、反発を期待して売りエントリーした人たちの損切り(買い)注文や、抜けた上昇の勢いに乗っかろうとするトレーダーの「買い注文」が集中し、一旦勢いよく上昇していきます。

 

 

そして、画像②あたりで①の時に買いポジションを持って、含み益になった人が満足して、利益確定(売り)をすると再び価格が下がっていき・・・

 

 

③のポイントでは、①の上昇に乗れなかったトレーダーのチャンスになり、ブレイクと同じようなポイントで買い注文が集中することによって・・

 

 

レジスタンスラインとして機能していた価格帯がサポートラインへと転換していたのです。

 

 

反対にサポートラインがブレイクする事によってレジスタンスラインへと転換するのは、全く逆の投資家心理によって起こります。

 

 

こうやって相場の値動きの背景にある投資家心理を考えると、相場分析の質も一段階レベルアップできるはずですので、ぜひ覚えておいて下さい。

 

 

それでは続いて、実際のラインの引き方を解説していきたいと思います。

 

 

レジスタンスライン・サポートラインを引いてみよう

 

実はレジサポラインを引くのは簡単です。

 

チャートの値動きをよく観察し、過去に何回か反発を繰り返しているポイントにラインを引いていく。ただそれだけです。

 

実際やってみた方が分かりやすいかと思いますので、ちょっと練習してみましょう。

 

 

【ここでクエッション!】

仮に下の画像のように何度も高値で価格が抑えられて、反発している相場を見つけたとしたら、どこにラインが引けるでしょうか?

 

 

上ヒゲもバラバラに伸びていて投資初心者の方だと、

「どこに引くのかわからないや(´Д`)やっぱり難しいじゃん!」

と、考え込んでしまうかもしれませんが・・・ご安心ください!

 

1pipsの誤差もなく、反発する価格を予測することは、たとえ熟練のトレーダーでも不可能ですので、レジサポラインの引き方に、絶対的な正解はありません。

 

難しく考えずに「このあたりが抵抗として意識されているな
といった感じにまずは1本ラインを引いてみて、そこを中心としたゾーンとして考えると良いと思います。

 

例えばこんな感じですね。

 

 

分かりやすいレジサポラインほど、多くの投資家達に注目されるはずなので、より強力に機能すると考えられます。

 

ですので、難しく考え必死に探して見つけ出そうとせず、誰が見てもわかる抵抗帯を素直に見つけることがレジサポラインを引くときのコツになります。

 

ちなみに、MT4で実際に値動きしているチャート画面にラインを引くには・・

上メニューから「挿入」→「ライン」→「水平線」を選択して、チャート画面でクリックすると、その価格にラインを引くことができます。

 

 

今回は複雑なインジケーターも使わず、相場の節目を見つけられる『レジスタンスライン・サポートライン』を解説してみましたが、いかかだったでしょうか?

 

明確なレジサポラインは、それだけ注目されている価格帯になるので、このラインを知っているか知らないかでトレードの成功率もかなりの差がでるはずです!

 

投資初心者の方は、ぜひ実際のチャートで値動きを観察してみて、「ここが注目されそう!」といった価格帯を見極める力をつけていってください。

コメント