FXって何?

未分類

FXという言葉、投資をやる方なら聞いたことがあると思います。

今回はFXの基礎知識と魅力、リスクなどをご説明したいと思います。

ダウンロード

FX(外国為替証拠金取引)は、外国為替の取引、つまり、ドルやユーロなどの通貨を売買(交換)することで差益が発生する仕組みの金融商品のことをいいます。

通貨の売買とは?

例えば、アメリカに旅行して買い物をする場合、手持ちの円を米ドルに両替する必要があります。

この両替も「通貨の売買」です。

1542606797223.jpg

為替相場は常に変動しているので、通貨の売買によって差益が生じます。

このような差益を目的とする取引を行うのがFXです。

差金決済取引なのはCFDと同じですが、FXは為替(通貨ペア)の差金のみの取引となっています。

CFDは為替以外のもの全て(株や債券、金、原油など)の差金決済となっています。

●差金決済取引とは?

12287_stock_092_02.jpg

例えばUSD/JPY(ドル円)の取引の場合

アメリカドルを1ドル100円で購入したとします。

つまりは、「1ドル100円の時に円をアメリカドルへと両替した」と考えてください。

その後、しばらくしてアメリカドルの価値が上がったので、アメリカドルが1ドルにつき120円になった時にアメリカドルを売って円を買いました。

つまりは「アメリカドルから日本の円に両替した」と言う事ですね。

そうすると、1ドル100円で買っていたアメリカドルが、売る時には1ドル120円になって1ドルにつき20円も高く買い取ってくれました。

これがどう言う事かと説明すると、1ドルに付き20円の利益、つまり為替差益が出たと言う事になります。

「なんだ、たった20円か・・」と思われるかも知れませんが、1ドルに付き20円なので、実際には、1万ドル購入していた場合には、

20円(1ドルに付きの利益) × 10,000(1万ドル) = 200,000円

となり、20万円もの利益が出る計算になります。

これにレバレッジをかけるとさらに利益は倍増します。

ind_img_01.gif

これがFXの為替差益と言うものになり、FXをする上で目指す最大の目標となります。

ですがリターンの大きさはリスクの大きさでもあります。

仮に1ドルが100円から80円になった場合

20円のマイナスです。

1ドルに付き20円なので、実際には、1万ドル購入していた場合には、

20円(1ドルに付きの損失) × 10,000(1万ドル) = 200,000円

となり、20万円もの損失が出る計算になります。

レバレッジをかけていた場合の損失はさらに膨らみます。

FXは証拠金を預けてレバレッジをかけて取引を行うことができる投資です。

CFDも差金決済取引の一つで、一般的に外国為替を対象とする場合をFX、それ以外の株式や株価指数など様々なものを対象とするものをCFDと呼んでいます。

FXもCFDも預けた証拠金以上の損失は出ない仕組みになっており、証拠金に応じてレバレッジをかけて取引を行えます。

レバレッジ取引とは自己資金以上の金額を取引に使えるもので

レバレッジが10倍なら、先ほど20万円だった利益が200万円になります。

先ほど20万円だった損失も200万円になるということです。

レバレッジが仮に100倍なら2000万円の利益、2000万円の損失となります。

損失の上限は強制ロスカットというものがあるので、先ほど伝えた通り預けた証拠金の額以上の損失は出ませんので

借金ができるといったものではないですので安心してください。

ですので実際いきなり数十万の損失なんて起きないように取引します。

損切りの設定値を正確に設定することにより、予測に反した場合の大ダメージをなくせるので

資金管理と損切りの設定が重要になります。

これさえ、しっかりすればローリスクハイリターンの取引を作り出せるというわけです。

●FXの魅力

charm-of-fx_thumbnail_1.png

FXの魅力としては次の6つが上げられます。

1、レバレッジをかけた取引が可能になる

ind_img_01.gif

少額の資金を元手に、その数倍~数十倍で投資をすることが可能です。

もちろん、これは諸刃の剣で下手なやり方をするとやけどを負いますが、うまく活用すると少ない資金で多額の利益を獲得することが可能になります。

FXは差金決済ですので、実物の受け渡しを行わない取引です。

100万円分の取引をする場合、通常なら100万円を用意して、実物の円やドルを両替する必要があります。

しかし、FXの場合は、その何分の1、何十分の1の資金さえ用意すれば取引ができますので、これまで最低投資金額が高すぎて投資できなかったものにも少額から投資が出来るようになるわけです。

2、ショート(売り)から始められる

pic_01.gif

通常の為替取引の場合、ドルを買うことはできても、買いもせず最初から売り(いわゆるカラ売り)となると、プロ投資家専用市場のようなところがあって敷居が高かったかと思います。

しかしFXの場合はいろいろなものに対して、簡単に売り(ショート)から入ることができます。

たとえば、米ドルが下がると予想したとします。

このとき、現在の価格で「売り(ショート)」を入れるわけです。

結果、予想どおりに下落した場合にそこで決済します。

ここで売りを入れたときと、決済したときの下がり幅が利益となるわけです。

むろん、反対に上昇した場合は損失になってしまいます。

3、24時間取引ができる

800__N006_4_2n2.gif

日本円と外国の通貨、または異なる2国間の通貨を取引することを外国為替といいますが、外国為替は外国為替市場、その中でもインターバンク市場というネットワークで行われます。

市場といっても、具体的な取引所があるわけではなく、世界各国の銀行や証券会社などの金融機関が、インターネットを利用して取引を行っています。

このネットワークは、東京をはじめ、ニューヨーク、ロンドン、パリ、香港、シンガポール、バーレーン、フランクフルト、チューリッヒなど、世界50ヶ所以上に存在します。

そのため、24時間昼夜を問わず世界のどこかで取引が行われていて、基本的に多くの取引会社が休みとなる土日や祝日を除いて毎日、24時間取引することができます。

したがって、リアルタイムで取引可能な市場と向き合えるのがFXの大きな特徴の1つです。

4、取引手数料が安い

spred_0918_01.jpg

外貨を取引する際に、取引会社に支払う手数料を取引手数料といいます。

通常の外貨預金では、手数料が1ドルあたり1円程度なのに対して、FXの取引手数料は、無料に設定している取引会社が多いです。(取引手数料は取引会社によって違います。)

実質的な手数料といわれるスプレッドを含めても、1ドルあたりの手数料は1銭~10銭程度と、他の外貨投資に比べて激安です。

5、株と比べてリスクが少ない

images (2)

FXは、株の取引と比べて、為替の値動きが小さいのが特徴です。

つまり株に比べてリスクを低く抑えることができます。

たとえば、株は1億円の価値になったり、半値になったり、ただの紙くず同然になったりと、値動きが激しいですが、FXは通貨を取引するので、1ドルが1万円になったり、10円になったりするようなことはまずありません。

6、スワップポイントが毎日手に入る

fxprime-swap112.jpg

FXでは、通貨間の金利差によって利益を得ることもできます。

これをスワップポイントといい、発生したスワップポイントは毎日受け取ることができます。

通貨にはそれぞれ金利があり、日本は年0.5%です。

日本の金利は世界的に見ると、断トツの低金利です。

米ドルは2.0%、ユーロは4.0%、豪ドルは7.25%、南アフリカランドはなんと11.5%という高金利です。

この日本円と外国通貨との金利差をスワップポイントといい、保有した金額と期間分のスワップポイントを受け取ることができます。

たとえば米ドルと日本円との金利差は1.5%です。

1ドル100円の為替相場で、1万ドル(100万円)を保有すると、1年あたり15000円、つまり1日あたり約41円のスワップポイントを毎日受け取ることができるわけです。(実際のスワップポイントは、取引会社によって異なります。)

●FXのリスクについて

ダウンロード (1)

もちろんFXはメリットばかりではありません。

反対のFXのリスクについて触れておきましょう。

まず1番注意しなくてはいけないのは、レバレッジです。

前述のようにレバレッジは上手に使えば非常に有用な取引方法ですが、資金管理の設定をしないままに取引をすると、知らない間に実力の何倍もの取引をしてしまって予想以上の損失を被ってしまう、なんてことも起こらないとは限りません。

高いレバレッジをかけている場合は命取りになる可能性もありますので、損切りをきちんとしていく必要もあります。

レバレッジを使い取引する場合は資金管理の設定として損切りの設定をしっかりしておくことが重要になります。

逆に言えば、このルールを徹底するだけでレバレッジによるリスクはなくなるのです。

また、価格が一時的に急落して、業者によって定められている証拠金維持率を一時的にでも維持出来なくなってしまうと強制的にロスカットされてしまうこともあります。

したがって、まずはきちんとシステムを理解してから取引を始める必要があります。

●まとめ

FXは大変魅力的な投資ですがリスクもあります。

しっかりリスクコントロールする方法を身につければ大きな利益を狙える投資になります。

ですので、まずは基本的なことを学び投資していくことをおすすめします。

コメント